FX初心者のための(FX)外国為替証拠金取引へようこそ!!

FX初心者のための(FX)外国為替証拠金取引では、FXのの初心者、外国為替証拠金取引の初心者方にも分かりやすいように解説します。FXの初心者のためのブログです。FXの初心者のFX取引会社比較、FXの初心者のためのチャート分析などを掲載しています。更に今後の為替予想もFX初心者に毎日更新中です。 外国為替証拠金(保証金)取引とは、FXが取引できる取引会社に保証金(担保金のようなもの)を預け、その資金の数十倍の取引ができます。外貨預金は円安にならないと利益が出ませんが、外国為替証拠金取引(FX)は、円高になっても円安なっても利益を出せることが大きな特長です。小額で取引ができること、また手数料が往復1万通貨に対して10銭ほどなので、近年は外国為替証拠金(保証金)取引(FX)をする人が急増しています。更に外国為替証拠金取引(FX)には、スワップ金利というものがあり、毎日金利がもらえるようになっています。これもFXが人気のひとつです。


メルマガ登録・解除 ID: 0000175583
初心者のFX、外国為替証拠金取引
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

「初心者のFX、外国為替証拠金取引」のメルマガでは初心者にも分かり易くFX、外国為替証拠金取引を解説しています。また今後の為替予想や為替ニュースで気になったものを配信します。発行部数は2000部と人気のFXメルマガです。ぜひ購読してみてください。購読料は無料です。


FX初心者、外国為替証拠金取引初心者の方はこちらからご覧ください!!

  1. FX、外国為替証拠金(保証金)取引とは
  2. FX、外国為替証拠金取引のスワップ金利とは
  3. FX、外国為替証拠金取引のリスク管理
  4. FX、外国為替証拠金取引のシステムトレードとは
  5. FX、外国為替レートとは?なぜ動く?
  6. FX初心者の取引会社、業者の選び方(信託保全)
  7. FX初心者の取引会社、業者の選び方(分別管理)
  8. FX初心者の取引会社、業者の選び方(FX取引手数料で選ぶ、比較)
  9. FX初心者の取引会社、業者の選び方(信託保全・分別管理で選ぶ、比較)
  10. FX、外国為替証拠金取引の税金について
  11. 外国為替証拠金取引(FX)の税金対象額、税率
  12. 専業主婦の外国為替証拠金取引(FX)の税金
  13. FX、外国為替証拠金取引の必要経費について
  14. FX、外国為替証拠金取引の確定申告に必要な書類
  15. FX初心者の必勝法、投資方法(1)


FX、外国為替に関する新着記事

オーストラリアドルは買い!?

FXのあるサイトの動画解説によると、2008年に底入れしたオーストラリアドルが調整の下落を入れて今再び上昇トレンドの波が開始されたそうです。

分かりやすく動画で解説!

動画の解説をしてくれているのはFXの世界では知らない人がいないほどの有名な方です。サブプライムローン問題で株価や米ドルが暴落する開始前から警告を発信してくれていたり 、世界金融不安による大暴落や、その大暴落が起こる前の大きめの下落相場もほとんど注意勧告をしてくださっていた方です。

そして今年2月の時点から「有料会員の方限定」で配信している動画を無料で一般公開してくれながら、今まさに迫り来るオーストラリアドルなどのクロス円のセカンドチャンス、上昇トレンドについて教えてくれています。

あなたがFX投資で今年の上昇トレンドの波にまだ乗れていない、としたら・・・
動画をチェックしておいて下さいね。なぜ、オーストラリアドルが今買いなのか? 詳細に教えてくれています。

今、なぜオーストラリアドルは買いなのか?動画で解説!!


解散総選挙と為替の行方

先週はアメリカ経済の先行き不透明感からドルが下落して円高が進行しましたね。それに連れて日経平均株価も大幅に下落しています。今週も都議選での自民党大敗、解散総選挙により株価の上値が抑えられた形になっています。

さて、総選挙の結果で為替は大きく動くのか!?ちなみに前回の総選挙は2005年、いわゆる小泉首相の郵政解散による総選挙はどうだっかか。自民党の優勢が伝えらると円高に動く傾向が見られました。

そして選挙が終わった後は大きく円安に動き9月に109円だったドル円が12月に120円をつけるという大きな円安トレンドを作りました。まぁ、この年はちょっとアメリカ側の事情もありドル高が一気に進んだのですが。

さて今度の総選挙。民主党が政権を取ると為替や株価はどう動くのか??選挙結果と共に注目です。

7月13日(月)

07:45 NZ 5月小売売上高
13:30 日 5月鉱工業生産
14:00 日 6月消費者態度指数
27:00 米 6月月次財政収支

7月14日(火)

08:01 英 6月RICS住宅価格
10:30 豪 6月NAB企業信頼感指数
17:30 英 5月DCLG UK住宅価格
17:30 英 6月消費者物価指数
18:00 EU 7月ZEW景況感調査
18:00 EU 5月ユーロ圏 鉱工業生産
21:30 米 6月生産者物価指数
21:30 米 6月小売売上高
23:00 米 7月IBD/TIPP景気楽観指数
23:00 米 5月企業在庫

7月15日(水)

日銀政策金利発表
FOMC議事録、公表

10:00 豪 5月ウェストパック先行指数
15:00 日 6月工作機械受注
16:15 ス 5月小売売上高
17:30 英 6月失業率
18:00 EU 6月ユーロ圏 消費者物価指数
18:30 南 5月実質小売売上
20:00 米 MBA住宅ローン申請指数
21:30 米 6月消費者物価指数
21:30 米 7月ニューヨーク連銀製造業景気指数
22:15 米 6月鉱工業生産
22:15 米 6月設備稼働率

7月16日(木)

07:45 NZ 第2四半期消費者物価
08:50 日 対内および対外証券投資
18:00 ス 7月ZEW景況感調査
21:30 米 新規失業保険申請件数
21:30 米 失業保険継続受給者数
22:00 米 5月対米証券投資
23:00 米 7月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
26:00 米 7月NAHB住宅市場指数

7月17日(金)

10:30 豪 第2四半期輸入物価指数
10:30 豪 第2四半期輸出物価指数
14:00 日 5月景気一致CI指数
14:00 日 5月景気先行CI指数
18:00 EU 5月ユーロ圏 貿易収支
18:00 EU 5月建設支出
21:30 米 6月住宅着工件数
21:30 米 6月建設許可件数


円高はいつまで?今後の為替相場予想

円高進行の今こそ、為替相場はセカンドチャンスの到来か!?私の予想では、もう少し円高が進むのではないかと思っています。ドル円で90円を割り込むくらいではないでしょうか。

今回はちょっとFX投資をしている方に向けて緊急のお知らせです。FXをやっている方は既にご存知かと思いますが、今週は為替相場が大きく動きました。ドル円は一時91円台に突入、ユーロ円は128円台、高金利で人気のオーストラリアドル円は72円台前半まで下落しています。

その為替の相場状況の中で、円を売ってドルやユーロ、オーストラリアドルなどの外貨を買っている人は今回の円高で損が急激に拡大しているようです。一体いつまで下落していくのか?いつまで円高は続くのか??

損が膨らんできている人は、食事をしている時でも、寝ている時でも、家族団欒、テレビを見ている時でも、その事を気にしながら為替相場をじっと見つめているところですが・・・

祈っていても為替相場が回復するわけではありません。とるべき行動を取って、自分の資金を守っていかなければいけません。しかし「自分の判断では損切りできない・・・」、「損切りのタイミングが分からない・・・」、そして手遅れ・・・

では、どう行動すれば資金を守ることが出来るのか?今後、どのように相場が動いていくのか?今後の為替相場の予想は??まるで分からない、予想がつかない、自分の予想に自信がないという人は下記のページからメールを登録して下さい。

ピンチをチャンスに!

プロの投資家が今のリアルの相場で何が起きているのか教えてくれています。ピンチはチャンス!?不況の中でもユニクロは過去最高益を達成しました。まさに不況というピンチを低価格販売でチャンスに変えた良い事例だと思います。あなたもFXでピンチをチャンスに変え、チャンス相場をモノにしたいという事なら、今すぐ下記のページでアドバイスを受け取ってください。

チャンス相場はもう目前で、早ければ来週にも現れる可能性があるそうです。見逃さないように今すぐ下記のページをご覧下さい。

チャンス相場を見逃すな!


7月6日週の主な経済指数

日経平均株価が1万円を回復したまでは良かったのですが、上昇ムードは続かず、円高も重なり連続で下落していますね。また8日からイタリアで開かれるサミット(主要国首脳会議)が注目されています。このサミットでの声明で為替が大きく動く場面もあるか!?多分、何のメッセージも発することもなく終わると思っていますが・・・

それよりも来週の日曜日に投開票がおこなわれる東京都議会議員選挙の結果の方がマーケットは注目しているのではないでしょうか。なぜなら、東京都議会議員選挙で自民党、公明党が惨敗すれば民主党による政権交代も現実味を帯びてくるからです。

そうなれば為替は円高?円安??はたまた日経平均株価はどうなるのでしょうか???来週のマーケットの動きの方が面白そうです。

7月6日(月)

14:00<日> 5月景気先行CI指数
14:00<日> 5月景気一致CI指数
17:30<EU> 7月センティックス投資家信頼感
23:00<米> 6月ISM非製造業景況指数

7月7日(火)

RBA政策金利発表

07:00<NZ> 第2四半期NZIER 企業景況感
17:30<英> 5月鉱工業生産
17:30<英> 5月製造業生産高

7月8日(水)

08:01<英> 6月ネーションワイド消費者信頼感
08:50<日> 5月機械受注
10:00<豪> 7月ウェストパック消費者信頼感指数
10:30<豪> 5月住宅ローン貸出
18:00<EU> 第1四半期ユーロ圏GDP
20:00<米> MBA住宅ローン申請指数
28:00<米> 5月消費者信用残高

7月9日(木)

BOE政策金利発表

08:50<日> 対内および対外証券投資
10:30<豪> 6月失業率
15:00<日> 6月工作機械受注
17:30<英> 5月貿易収支
21:30<米> 新規失業保険申請件数
21:30<米> 失業保険継続受給者数
23:00<米> 5月卸売在庫

7月10日(金)

17:30<英> 6月生産者物価指数
21:30<米> 5月貿易収支
21:30<米> 6月輸入物価指数
23:00<米> 7月ミシガン大学消費者信頼感指数

トゥルースリーパー 口コミ


6月29日週の主な経済指数

29日に発表になった5月の鉱工業生産指数速報は前月比5.9%上昇の79.2となり、3カ月連続の上昇となりましたね。この上昇率は過去2番目の高い伸びでした。ようやく景気も底入れしたのでしょうか?新聞などを読んでいると、個人消費や設備投資が回復していないため本格的な景気回復は後になるという予想が多いです。

ただ最悪のシナリオは脱した感がありますね。今回の鉱工業生産指数の伸びも政府が打ち出した景気刺激策のひとつ、省エネルギー家電に対する「エコポイント」制度で、国内の家電需要が高まったことが要因のようです。


6月29日(月)

07:45<NZ> 5月貿易収支
07:45<NZ> 5月住宅建設許可
08:50<日> 5月鉱工業生産
12:00<NZ> 5月マネーサプライ M3
17:30<英> 5月マネーサプライ M4
18:00<EU> 6月業況判断指数
18:00<EU> 6月ユーロ圏 消費者信頼感
18:00<EU> 6月ユーロ圏 鉱工業信頼感
21:30<米> 5月シカゴ連銀全米活動指数

6月30日(火)

08:01<英> 6月GFK消費者信頼感調査
08:30<日> 5月失業率
10:00<豪> 5月HIA新築住宅販売
12:00<NZ> 6月NBNZ 企業信頼感
17:00<EU> 5月ユーロ圏マネーサプライ M3
17:30<英> 第1四半期GDP
17:30<英> 第1四半期経常収支
18:00<EU> 6月ユーロ圏 消費者物価指数
22:00<米> 4月S&P/ケース・シラー住宅価格指数
22:45<米> 6月シカゴ購買部協会景気指数
23:00<米> 6月消費者信頼感指数

7月1日(水)

08:30<豪> 6月AiG製造業指数
08:50<日> 第2四半期日銀短観
10:30<豪> 5月小売売上高
10:30<豪> 5月住宅建設許可件数
17:00<EU> 6月PMI製造業
17:30<英> 6月PMI製造業
20:00<米> MBA住宅ローン申請指数
21:15<米> 6月ADP雇用統計
23:00<米> 6月ISM製造業景況指数
23:00<米> 5月建設支出
23:00<米> 5月中古住宅販売保留
23:00<米> 5月中古住宅販売成約

7月2日(木)

ECB政策金利発表

08:50<日> 対内および対外証券投資
10:30<豪> 5月貿易収支
17:30<英> 6月PMI建設業
18:00<EU> 5月ユーロ圏 失業率
18:00<EU> 5月ユーロ圏 生産者物価指数
21:30<米> 6月非農業部門雇用者数変化
21:30<米> 6月失業率
21:30<米> 新規失業保険申請件数
21:30<米> 失業保険継続受給者数
23:00<米> 5月製造業受注指数

7月3日(金)

米市場休場(独立記念日)

08:30<豪> 6月AiGサービス業指数
17:00<EU> 6月PMIサービス業
17:00<EU> 6月PMI総合
17:30<英> 6月PMIサービス業
17:30<英> 6月外貨準備高
18:00<EU> 5月ユーロ圏 小売売上高


6月22日週の主な経済指数

先週はようやく日経平均株価が1万円台を回復しましたね。しかし週の終値では1万円台をキープできませんでした。そして始まった今週、22日のニューヨーク株式市場が大幅下落したため日経平均株価も大きく値下がりし23日現在では9500円台になっています。

ダウ平均が下落した理由は、世界銀行が、2009年の世界の実質経済成長率見通しをマイナス2.9%と、3月時点での予想を大幅に下方修正したため、市場に景気の先行きに対する不安が広がったからです。そのため円高も進んでいます。今週はどうなるのでしょうか?

6月22日(月)

08:00<英> 6月ライトムーブ住宅価格

6月23日(火)

17:00<EU> 6月PMI製造業
17:00<EU> 6月PMIサービス業
17:00<EU> 6月PMI総合
23:00<米> 6月リッチモンド連銀製造業指数
23:00<米> 5月中古住宅販売件数
23:00<米> 4月住宅価格指数
23:00<米> 5月中古住宅販売件数

6月24日(水)

FOMC政策金利発表

08:50<日> 5月貿易収支
11:00<NZ> 第2四半期ウェストパックNZ消費者信頼感指数
17:00<EU> 4月ユーロ圏 経常収支
20:00<米> MBA住宅ローン申請指数
21:30<米> 5月耐久財受注
23:00<米> 5月新築住宅販売件数

6月25日(木)

07:45<NZ> 第1四半期経常収支
08:50<日> 対内および対外証券投資
09:00<豪> 4月コンファレンスボード景気先行指数
18:00<EU> 4月鉱工業新規受注
21:30<米> 第1四半期GDP
21:30<米> 第1四半期個人消費
21:30<米> 第1四半期コアPCE
21:30<米> 新規失業保険申請件数
21:30<米> 失業保険継続受給者数
22:00<米> 4月RPXコンポジット28dy指数

6月26日(金)

07:45<NZ> 第1四半期GDP
21:30<米> 5月個人所得
21:30<米> 5月個人支出
21:30<米> 5月PCEコア・デフレータ
23:00<米> 6月ミシガン大学消費者信頼感指数


6月15日週の主な経済指数

日経平均株価が1万円台を回復しました。ようやく景気の底入れ感が出てきたようです。そのためかドル円もやや円安方向へと動いているようです。しかし、NY原油先物WTIが70ドルを突破して、再度100ドルをトライしそうな動きになっています。またガソリンが値上がりしてしまうでしょうか?

6月15日(月)

07:45<NZ> 第1四半期製造業売上高
18:00<EU> 第1四半期ユーロ圏 雇用
21:30<米> 6月ニューヨーク連銀製造業景気指数
22:00<米> 4月対米証券投資
26:00<米> 6月NAHB住宅市場指数

6月16日(火)

RBA議事録、公表
日銀政策金利発表

17:30<英> 5月消費者物価指数
18:00<EU> 5月ユーロ圏消費者物価指数
18:00<EU> 6月ZEW景況感調査
21:30<米> 5月生産者物価指数
21:30<米> 5月住宅着工件数
21:30<米> 5月建設許可件数
22:15<米> 5月鉱工業生産
22:15<米> 5月設備稼働率

6月17日(水)

日銀金融経済月報、公表
MPC議事録、公表
ノルゲバンク政策金利発表

10:00<豪> 4月ウェストパック先行指数
10:30<豪> 第1四半期新規住宅着工
15:00<日> 5月工作機械受注

17:30<英> 5月失業率
18:00<EU> 4月ユーロ圏 貿易収支
18:00<EU> 4月建設支出
20:00<米> MBA住宅ローン申請指数
21:30<米> 5月消費者物価指数
21:30<米> 第1四半期経常収支

6月18日(木)

SNB政策金利発表

08:50<日> 対内および対外証券投資
17:30<英> 5月小売売上高指数
17:30<英> 5月マネーサプライM4
21:30<米> 新規失業保険申請件数
21:30<米> 失業保険継続受給者数
23:00<米> 5月景気先行指標総合指数
23:00<米> 6月フィラデルフィア連銀製造業指数

6月19日(金)

日銀政策決定会合議事要旨


6月8日週の主な経済指数

先週末からドル高が進んでいますね。雇用統計の関係でしょうかね。

6月8日(月)

08:50<日> 5月マネーストックM3
08:50<日> 4月国際収支-経常収支
08:50<日> 4月国際収支-貿易収支
14:00<日> 5月景気ウォッチャー調査-現状判断DI
14:00<日> 5月景気ウォッチャー調査-先行き判断DI

6月9日(火)

08:01<英> 5月RICS住宅価格
10:30<豪> 5月NAB企業景況感指数
10:30<豪> 5月NAB企業信頼感指数
15:00<日> 5月工作機械受注
17:30<英> 4月DCLG UK住宅価格
23:00<米> 4月卸売在庫
23:00<米> 6月IBD/TIPP景気楽観指数

6月10日(水)

アメリカのベージュブック公表

08:50<日> 4月機械受注
10:00<豪> 6月ウェストパック消費者信頼感指数
17:30<英> 4月貿易収支
17:30<英> 4月鉱工業生産
17:30<英> 4月製造業生産高
20:00<米> MBA住宅ローン申請指数
21:30<米> 4月貿易収支
27:00<米> 5月財政収支

6月11日(木)

RBNZ政策金利発表
ECB月報公表

08:50<日> 第1四半期GDP
08:50<日> 第1四半期GDPデフレーター
08:50<日> 対内および対外証券投資
10:30<豪> 5月失業率
21:30<米> 5月小売売上高
21:30<米> 新規失業保険申請件数
21:30<米> 失業保険継続受給者数
23:00<米> 4月企業在庫

6月12日(金)

07:45<NZ> 4月小売売上高指数
13:30<日> 4月鉱工業生産
18:00<欧> 4月ユーロ圏 鉱工業生産
21:30<米> 5月輸入物価指数
23:00<米> 6月ミシガン大学消費者信頼感指数

マルラニ パワーストーン


6月1日週の主な経済指数

アメリカのゼネラル・モーターズ(GM)が連邦破産法11章を適用申請するとアメリカ政府が発表しました。負債額は日本円で16兆円だそうです。日本の追加経済対策14兆円よりも大きい額とは凄いですね。しかし東京為替市場は年初来高値を更新してますからGMの破産法適用は好感されたのでしょう。

6月1日(月)

10:30<豪> 4月小売売上高
17:00<EU> 5月ユーロ圏 PMI製造業
17:30<英> 5月PMI製造業
21:30<米> 4月個人所得
21:30<米> 4月個人支出
21:30<米> 4月PCEデフレータ
23:00<米> 5月ISM製造業景況指数
23:00<米> 5月ISM支払価格
23:00<米> 4月建設支出

6月2日(火)

RBA政策金利発表

10:30<豪> 第1四半期経常収支
10:30<豪> 4月住宅建設許可件数
17:30<英> 4月消費者信用残高
17:30<英> 4月マネーサプライM4
17:30<英> 5月PMI建設業
18:00<EU> 4月ユーロ圏 失業率
23:00<米> 4月中古住宅販売保留

6月3日(水)

08:01<英> 5月ネーションワイド消費者信頼感
10:30<豪> 第1四半期GDP
17:00<EU> 5月ユーロ圏 PMIサービス業
17:00<EU> 5月ユーロ圏 PMI総合
17:30<英> 5月PMIサービス業
18:00<EU> 4月ユーロ圏 生産者物価指数
18:00<EU> 第1四半期ユーロ圏GDP
20:00<米> MBA住宅ローン申請指数
21:15<米> 5月ADP雇用統計
23:00<米> 5月ISM非製造業景況指数
23:00<米> 4月製造業受注指数

6月4日(木)

BOE政策金利発表
ECB政策金利発表
BOC政策金利発表

08:50<日> 対内および対外証券投資
10:30<豪> 4月貿易収支
18:00<EU> 4月ユーロ圏 小売売上高
21:30<加> 4月住宅建設許可
21:30<米> 第1四半期非農業部門労働生産性
21:30<米> 第1四半期単位労働費用
21:30<米> 新規失業保険申請件数
21:30<米> 失業保険継続受給者数

6月5日(金)

17:30<英> 5月生産者物価指数
21:30<米> 5月非農業部門雇用者数変化
21:30<米> 5月失業率
28:00<米> 4月消費者信用残高


5月25日週の主な経済指数

5月25日(月)

ロンドン市場休場(バンク・ホリデー)、NY市場休場(メモリアルデー)


5月26日(火)

07:45<NZ> 4月貿易収支
17:00<EU> 3月ユーロ圏 経常収支
22:00<米> S&P/ケース・シラー住宅価格指数
23:00<米> 5月消費者信頼感指数
23:00<米> 5月リッチモンド連銀製造業指数
23:30<米> 5月ダラス連銀製造業景況指数

5月27日(水)

08:50<日> 4月貿易収支
12:00<NZ> 5月NBNZ 企業信頼感
20:00<米> MBA住宅ローン申請指数
23:00<米> 3月住宅価格指数
23:00<米> 4月中古住宅販売件数

5月28日(木)

08:50<日> 対内および対外証券投資
18:00<EU> 5月ユーロ圏 消費者信頼感
18:00<EU> 5月ユーロ圏 経済信頼感
21:30<米> 4月耐久財受注
21:30<米> 新規失業保険申請件数
21:30<米> 失業保険継続受給者数
23:00<米> 4月新築住宅販売件数

5月29日(金)

07:45<NZ> 4月住宅建設許可
08:01<英> 5月GFK消費者信頼感調査
08:30<日> 4月失業率
18:00<EU> 5月ユーロ圏 消費者物価指数
18:00<EU> 4月ユーロ圏 失業率
21:30<米> 第1四半期GDP
21:30<米> 第1四半期個人消費
21:30<米> 第1四半期コアPCEデフレーター
22:45<米> 5月シカゴ購買部協会景気指数
23:00<米> 5月ミシガン大学消費者信頼感指数



FX初心者為替用語あ行

ISM製造業(非製造業)景況指数アービトラージ、サヤ取り取引とは?RBAキャッシュ・ターゲットADP全国雇用指数RBNZ(ニュージーランド準備銀行)IMMシカゴ国際金融市場欧州中央銀行(ECB)[European Central Bank]押し目オプションオーバーナイトローン [ Over Night Loan ]オーバーナイト・ポジションオーバーシュート[Overshoot]OCO(オー・シー・オー)[One Cancles the Other]追証=マージンコールFOMC[Federal Open Market Committee]FRB[Federal Reserve Board]FF(エフエフ)レート[Federal Funds Rate]受け渡し=デリバリー=品受けウォール街陰線インフレーション[Inflation]インディケーション[Indication]イングランド銀行(BOE)[Bank Of England]インカムゲイン[Incom Gain]インターバンク市場イフ・ダン=IFD移動平均線一目均衡表(いちもくきんこうひょう)維持証拠金アマウント[Amount]アセット[Asset]アスク[Ask]アジア通貨危機アゲインスト[Against]アービトラージ[Arbitrage]アウトライン(Spot)取引[outright transaction]アイ・エフ・オー=IFO相対(あいたい)取引

FX初心者為替用語か行

ゴールデンクロスとデッドクロス景気動向指数クリスマス休暇小売物価指数(RPI)雇用統計・非農業部門雇用者数鉱工業生産指数固定相場制国際通貨基金=IMF公定歩合コール市場コールオプション[Call Option]堅調気配値決済経済通貨同盟[European Money Union]=EMU経済成長率景気動向指数クロス取引[Cross]クロスレートクォート[Quote]金利スワップ金融先物取引金本位制キャリートレードギブン[Given]逆指値キャピタル・ゲイン[Capital Gain]基軸通貨機関投資家カントリーリスク為替リスク為替ブローカー為替市場為替差損益外貨準備高カウンター・パーティ買戻し買い持ち介入改正外国為替法

FX初心者為替用語さ行

実効為替レートG20サポートライン/レジスタンスライン住宅着工件数ストップロスZEW景況感調査指数生産者物価指数(PPI)GTC(ジーティーシー)消費者物価指数(CPI)スプレットGDPデフレーターGDP(ジー・ディー・ピー)実需地合(じあい)雑所得指値注文差金決済裁定取引=アービトラージ


FX初心者為替用語た行

ゴールデンクロスとデッドクロス独歩高(どくほだか)、独歩安(どくほやす)対米証券投資

FX初心者為替用語な行

日銀短観(企業短期経済観測調査)ニューヨーク連銀製造業景気指数

FX初心者為替用語は行

ボラティリティ(Volatility)ブル・ベアプラザ合意時以来の円安、プラザ合意とは?フィボナッチ数PCEコアデフレーター個人消費支出[PCE指数(Personal Consumption Expenditure)]ベージュブック

FX初心者為替用語ま行

MACD(マックディー)無担保コール翌日物金利

FX初心者為替用語ら行

両建てロールオーバー