「初心者のFX、外国為替証拠金取引」のメルマガでは初心者にも分かり易くFX、外国為替証拠金取引を解説しています。また今後の為替予想や為替ニュースで気になったものを配信します。発行部数は2000部と人気のFXメルマガです。ぜひ購読してみてください。購読料は無料です。

メルマガ登録・解除 ID: 0000175583
初心者のFX、外国為替証拠金取引
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

経済カレンダー

解散総選挙と為替の行方

先週はアメリカ経済の先行き不透明感からドルが下落して円高が進行しましたね。それに連れて日経平均株価も大幅に下落しています。今週も都議選での自民党大敗、解散総選挙により株価の上値が抑えられた形になっています。

さて、総選挙の結果で為替は大きく動くのか!?ちなみに前回の総選挙は2005年、いわゆる小泉首相の郵政解散による総選挙はどうだっかか。自民党の優勢が伝えらると円高に動く傾向が見られました。

そして選挙が終わった後は大きく円安に動き9月に109円だったドル円が12月に120円をつけるという大きな円安トレンドを作りました。まぁ、この年はちょっとアメリカ側の事情もありドル高が一気に進んだのですが。

さて今度の総選挙。民主党が政権を取ると為替や株価はどう動くのか??選挙結果と共に注目です。

7月13日(月)

07:45 NZ 5月小売売上高
13:30 日 5月鉱工業生産
14:00 日 6月消費者態度指数
27:00 米 6月月次財政収支

7月14日(火)

08:01 英 6月RICS住宅価格
10:30 豪 6月NAB企業信頼感指数
17:30 英 5月DCLG UK住宅価格
17:30 英 6月消費者物価指数
18:00 EU 7月ZEW景況感調査
18:00 EU 5月ユーロ圏 鉱工業生産
21:30 米 6月生産者物価指数
21:30 米 6月小売売上高
23:00 米 7月IBD/TIPP景気楽観指数
23:00 米 5月企業在庫

7月15日(水)

日銀政策金利発表
FOMC議事録、公表

10:00 豪 5月ウェストパック先行指数
15:00 日 6月工作機械受注
16:15 ス 5月小売売上高
17:30 英 6月失業率
18:00 EU 6月ユーロ圏 消費者物価指数
18:30 南 5月実質小売売上
20:00 米 MBA住宅ローン申請指数
21:30 米 6月消費者物価指数
21:30 米 7月ニューヨーク連銀製造業景気指数
22:15 米 6月鉱工業生産
22:15 米 6月設備稼働率

7月16日(木)

07:45 NZ 第2四半期消費者物価
08:50 日 対内および対外証券投資
18:00 ス 7月ZEW景況感調査
21:30 米 新規失業保険申請件数
21:30 米 失業保険継続受給者数
22:00 米 5月対米証券投資
23:00 米 7月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
26:00 米 7月NAHB住宅市場指数

7月17日(金)

10:30 豪 第2四半期輸入物価指数
10:30 豪 第2四半期輸出物価指数
14:00 日 5月景気一致CI指数
14:00 日 5月景気先行CI指数
18:00 EU 5月ユーロ圏 貿易収支
18:00 EU 5月建設支出
21:30 米 6月住宅着工件数
21:30 米 6月建設許可件数



7月6日週の主な経済指数

日経平均株価が1万円を回復したまでは良かったのですが、上昇ムードは続かず、円高も重なり連続で下落していますね。また8日からイタリアで開かれるサミット(主要国首脳会議)が注目されています。このサミットでの声明で為替が大きく動く場面もあるか!?多分、何のメッセージも発することもなく終わると思っていますが・・・

それよりも来週の日曜日に投開票がおこなわれる東京都議会議員選挙の結果の方がマーケットは注目しているのではないでしょうか。なぜなら、東京都議会議員選挙で自民党、公明党が惨敗すれば民主党による政権交代も現実味を帯びてくるからです。

そうなれば為替は円高?円安??はたまた日経平均株価はどうなるのでしょうか???来週のマーケットの動きの方が面白そうです。

7月6日(月)

14:00<日> 5月景気先行CI指数
14:00<日> 5月景気一致CI指数
17:30<EU> 7月センティックス投資家信頼感
23:00<米> 6月ISM非製造業景況指数

7月7日(火)

RBA政策金利発表

07:00<NZ> 第2四半期NZIER 企業景況感
17:30<英> 5月鉱工業生産
17:30<英> 5月製造業生産高

7月8日(水)

08:01<英> 6月ネーションワイド消費者信頼感
08:50<日> 5月機械受注
10:00<豪> 7月ウェストパック消費者信頼感指数
10:30<豪> 5月住宅ローン貸出
18:00<EU> 第1四半期ユーロ圏GDP
20:00<米> MBA住宅ローン申請指数
28:00<米> 5月消費者信用残高

7月9日(木)

BOE政策金利発表

08:50<日> 対内および対外証券投資
10:30<豪> 6月失業率
15:00<日> 6月工作機械受注
17:30<英> 5月貿易収支
21:30<米> 新規失業保険申請件数
21:30<米> 失業保険継続受給者数
23:00<米> 5月卸売在庫

7月10日(金)

17:30<英> 6月生産者物価指数
21:30<米> 5月貿易収支
21:30<米> 6月輸入物価指数
23:00<米> 7月ミシガン大学消費者信頼感指数

トゥルースリーパー 口コミ



6月29日週の主な経済指数

29日に発表になった5月の鉱工業生産指数速報は前月比5.9%上昇の79.2となり、3カ月連続の上昇となりましたね。この上昇率は過去2番目の高い伸びでした。ようやく景気も底入れしたのでしょうか?新聞などを読んでいると、個人消費や設備投資が回復していないため本格的な景気回復は後になるという予想が多いです。

ただ最悪のシナリオは脱した感がありますね。今回の鉱工業生産指数の伸びも政府が打ち出した景気刺激策のひとつ、省エネルギー家電に対する「エコポイント」制度で、国内の家電需要が高まったことが要因のようです。


6月29日(月)

07:45<NZ> 5月貿易収支
07:45<NZ> 5月住宅建設許可
08:50<日> 5月鉱工業生産
12:00<NZ> 5月マネーサプライ M3
17:30<英> 5月マネーサプライ M4
18:00<EU> 6月業況判断指数
18:00<EU> 6月ユーロ圏 消費者信頼感
18:00<EU> 6月ユーロ圏 鉱工業信頼感
21:30<米> 5月シカゴ連銀全米活動指数

6月30日(火)

08:01<英> 6月GFK消費者信頼感調査
08:30<日> 5月失業率
10:00<豪> 5月HIA新築住宅販売
12:00<NZ> 6月NBNZ 企業信頼感
17:00<EU> 5月ユーロ圏マネーサプライ M3
17:30<英> 第1四半期GDP
17:30<英> 第1四半期経常収支
18:00<EU> 6月ユーロ圏 消費者物価指数
22:00<米> 4月S&P/ケース・シラー住宅価格指数
22:45<米> 6月シカゴ購買部協会景気指数
23:00<米> 6月消費者信頼感指数

7月1日(水)

08:30<豪> 6月AiG製造業指数
08:50<日> 第2四半期日銀短観
10:30<豪> 5月小売売上高
10:30<豪> 5月住宅建設許可件数
17:00<EU> 6月PMI製造業
17:30<英> 6月PMI製造業
20:00<米> MBA住宅ローン申請指数
21:15<米> 6月ADP雇用統計
23:00<米> 6月ISM製造業景況指数
23:00<米> 5月建設支出
23:00<米> 5月中古住宅販売保留
23:00<米> 5月中古住宅販売成約

7月2日(木)

ECB政策金利発表

08:50<日> 対内および対外証券投資
10:30<豪> 5月貿易収支
17:30<英> 6月PMI建設業
18:00<EU> 5月ユーロ圏 失業率
18:00<EU> 5月ユーロ圏 生産者物価指数
21:30<米> 6月非農業部門雇用者数変化
21:30<米> 6月失業率
21:30<米> 新規失業保険申請件数
21:30<米> 失業保険継続受給者数
23:00<米> 5月製造業受注指数

7月3日(金)

米市場休場(独立記念日)

08:30<豪> 6月AiGサービス業指数
17:00<EU> 6月PMIサービス業
17:00<EU> 6月PMI総合
17:30<英> 6月PMIサービス業
17:30<英> 6月外貨準備高
18:00<EU> 5月ユーロ圏 小売売上高



6月22日週の主な経済指数

先週はようやく日経平均株価が1万円台を回復しましたね。しかし週の終値では1万円台をキープできませんでした。そして始まった今週、22日のニューヨーク株式市場が大幅下落したため日経平均株価も大きく値下がりし23日現在では9500円台になっています。

ダウ平均が下落した理由は、世界銀行が、2009年の世界の実質経済成長率見通しをマイナス2.9%と、3月時点での予想を大幅に下方修正したため、市場に景気の先行きに対する不安が広がったからです。そのため円高も進んでいます。今週はどうなるのでしょうか?

6月22日(月)

08:00<英> 6月ライトムーブ住宅価格

6月23日(火)

17:00<EU> 6月PMI製造業
17:00<EU> 6月PMIサービス業
17:00<EU> 6月PMI総合
23:00<米> 6月リッチモンド連銀製造業指数
23:00<米> 5月中古住宅販売件数
23:00<米> 4月住宅価格指数
23:00<米> 5月中古住宅販売件数

6月24日(水)

FOMC政策金利発表

08:50<日> 5月貿易収支
11:00<NZ> 第2四半期ウェストパックNZ消費者信頼感指数
17:00<EU> 4月ユーロ圏 経常収支
20:00<米> MBA住宅ローン申請指数
21:30<米> 5月耐久財受注
23:00<米> 5月新築住宅販売件数

6月25日(木)

07:45<NZ> 第1四半期経常収支
08:50<日> 対内および対外証券投資
09:00<豪> 4月コンファレンスボード景気先行指数
18:00<EU> 4月鉱工業新規受注
21:30<米> 第1四半期GDP
21:30<米> 第1四半期個人消費
21:30<米> 第1四半期コアPCE
21:30<米> 新規失業保険申請件数
21:30<米> 失業保険継続受給者数
22:00<米> 4月RPXコンポジット28dy指数

6月26日(金)

07:45<NZ> 第1四半期GDP
21:30<米> 5月個人所得
21:30<米> 5月個人支出
21:30<米> 5月PCEコア・デフレータ
23:00<米> 6月ミシガン大学消費者信頼感指数



6月15日週の主な経済指数

日経平均株価が1万円台を回復しました。ようやく景気の底入れ感が出てきたようです。そのためかドル円もやや円安方向へと動いているようです。しかし、NY原油先物WTIが70ドルを突破して、再度100ドルをトライしそうな動きになっています。またガソリンが値上がりしてしまうでしょうか?

6月15日(月)

07:45<NZ> 第1四半期製造業売上高
18:00<EU> 第1四半期ユーロ圏 雇用
21:30<米> 6月ニューヨーク連銀製造業景気指数
22:00<米> 4月対米証券投資
26:00<米> 6月NAHB住宅市場指数

6月16日(火)

RBA議事録、公表
日銀政策金利発表

17:30<英> 5月消費者物価指数
18:00<EU> 5月ユーロ圏消費者物価指数
18:00<EU> 6月ZEW景況感調査
21:30<米> 5月生産者物価指数
21:30<米> 5月住宅着工件数
21:30<米> 5月建設許可件数
22:15<米> 5月鉱工業生産
22:15<米> 5月設備稼働率

6月17日(水)

日銀金融経済月報、公表
MPC議事録、公表
ノルゲバンク政策金利発表

10:00<豪> 4月ウェストパック先行指数
10:30<豪> 第1四半期新規住宅着工
15:00<日> 5月工作機械受注

17:30<英> 5月失業率
18:00<EU> 4月ユーロ圏 貿易収支
18:00<EU> 4月建設支出
20:00<米> MBA住宅ローン申請指数
21:30<米> 5月消費者物価指数
21:30<米> 第1四半期経常収支

6月18日(木)

SNB政策金利発表

08:50<日> 対内および対外証券投資
17:30<英> 5月小売売上高指数
17:30<英> 5月マネーサプライM4
21:30<米> 新規失業保険申請件数
21:30<米> 失業保険継続受給者数
23:00<米> 5月景気先行指標総合指数
23:00<米> 6月フィラデルフィア連銀製造業指数

6月19日(金)

日銀政策決定会合議事要旨



6月8日週の主な経済指数

先週末からドル高が進んでいますね。雇用統計の関係でしょうかね。

6月8日(月)

08:50<日> 5月マネーストックM3
08:50<日> 4月国際収支-経常収支
08:50<日> 4月国際収支-貿易収支
14:00<日> 5月景気ウォッチャー調査-現状判断DI
14:00<日> 5月景気ウォッチャー調査-先行き判断DI

6月9日(火)

08:01<英> 5月RICS住宅価格
10:30<豪> 5月NAB企業景況感指数
10:30<豪> 5月NAB企業信頼感指数
15:00<日> 5月工作機械受注
17:30<英> 4月DCLG UK住宅価格
23:00<米> 4月卸売在庫
23:00<米> 6月IBD/TIPP景気楽観指数

6月10日(水)

アメリカのベージュブック公表

08:50<日> 4月機械受注
10:00<豪> 6月ウェストパック消費者信頼感指数
17:30<英> 4月貿易収支
17:30<英> 4月鉱工業生産
17:30<英> 4月製造業生産高
20:00<米> MBA住宅ローン申請指数
21:30<米> 4月貿易収支
27:00<米> 5月財政収支

6月11日(木)

RBNZ政策金利発表
ECB月報公表

08:50<日> 第1四半期GDP
08:50<日> 第1四半期GDPデフレーター
08:50<日> 対内および対外証券投資
10:30<豪> 5月失業率
21:30<米> 5月小売売上高
21:30<米> 新規失業保険申請件数
21:30<米> 失業保険継続受給者数
23:00<米> 4月企業在庫

6月12日(金)

07:45<NZ> 4月小売売上高指数
13:30<日> 4月鉱工業生産
18:00<欧> 4月ユーロ圏 鉱工業生産
21:30<米> 5月輸入物価指数
23:00<米> 6月ミシガン大学消費者信頼感指数

マルラニ パワーストーン



6月1日週の主な経済指数

アメリカのゼネラル・モーターズ(GM)が連邦破産法11章を適用申請するとアメリカ政府が発表しました。負債額は日本円で16兆円だそうです。日本の追加経済対策14兆円よりも大きい額とは凄いですね。しかし東京為替市場は年初来高値を更新してますからGMの破産法適用は好感されたのでしょう。

6月1日(月)

10:30<豪> 4月小売売上高
17:00<EU> 5月ユーロ圏 PMI製造業
17:30<英> 5月PMI製造業
21:30<米> 4月個人所得
21:30<米> 4月個人支出
21:30<米> 4月PCEデフレータ
23:00<米> 5月ISM製造業景況指数
23:00<米> 5月ISM支払価格
23:00<米> 4月建設支出

6月2日(火)

RBA政策金利発表

10:30<豪> 第1四半期経常収支
10:30<豪> 4月住宅建設許可件数
17:30<英> 4月消費者信用残高
17:30<英> 4月マネーサプライM4
17:30<英> 5月PMI建設業
18:00<EU> 4月ユーロ圏 失業率
23:00<米> 4月中古住宅販売保留

6月3日(水)

08:01<英> 5月ネーションワイド消費者信頼感
10:30<豪> 第1四半期GDP
17:00<EU> 5月ユーロ圏 PMIサービス業
17:00<EU> 5月ユーロ圏 PMI総合
17:30<英> 5月PMIサービス業
18:00<EU> 4月ユーロ圏 生産者物価指数
18:00<EU> 第1四半期ユーロ圏GDP
20:00<米> MBA住宅ローン申請指数
21:15<米> 5月ADP雇用統計
23:00<米> 5月ISM非製造業景況指数
23:00<米> 4月製造業受注指数

6月4日(木)

BOE政策金利発表
ECB政策金利発表
BOC政策金利発表

08:50<日> 対内および対外証券投資
10:30<豪> 4月貿易収支
18:00<EU> 4月ユーロ圏 小売売上高
21:30<加> 4月住宅建設許可
21:30<米> 第1四半期非農業部門労働生産性
21:30<米> 第1四半期単位労働費用
21:30<米> 新規失業保険申請件数
21:30<米> 失業保険継続受給者数

6月5日(金)

17:30<英> 5月生産者物価指数
21:30<米> 5月非農業部門雇用者数変化
21:30<米> 5月失業率
28:00<米> 4月消費者信用残高



5月25日週の主な経済指数

5月25日(月)

ロンドン市場休場(バンク・ホリデー)、NY市場休場(メモリアルデー)


5月26日(火)

07:45<NZ> 4月貿易収支
17:00<EU> 3月ユーロ圏 経常収支
22:00<米> S&P/ケース・シラー住宅価格指数
23:00<米> 5月消費者信頼感指数
23:00<米> 5月リッチモンド連銀製造業指数
23:30<米> 5月ダラス連銀製造業景況指数

5月27日(水)

08:50<日> 4月貿易収支
12:00<NZ> 5月NBNZ 企業信頼感
20:00<米> MBA住宅ローン申請指数
23:00<米> 3月住宅価格指数
23:00<米> 4月中古住宅販売件数

5月28日(木)

08:50<日> 対内および対外証券投資
18:00<EU> 5月ユーロ圏 消費者信頼感
18:00<EU> 5月ユーロ圏 経済信頼感
21:30<米> 4月耐久財受注
21:30<米> 新規失業保険申請件数
21:30<米> 失業保険継続受給者数
23:00<米> 4月新築住宅販売件数

5月29日(金)

07:45<NZ> 4月住宅建設許可
08:01<英> 5月GFK消費者信頼感調査
08:30<日> 4月失業率
18:00<EU> 5月ユーロ圏 消費者物価指数
18:00<EU> 4月ユーロ圏 失業率
21:30<米> 第1四半期GDP
21:30<米> 第1四半期個人消費
21:30<米> 第1四半期コアPCEデフレーター
22:45<米> 5月シカゴ購買部協会景気指数
23:00<米> 5月ミシガン大学消費者信頼感指数



12月3日週の経済カレンダー(主な経済指数)

12月3日週の経済カレンダーです。ニュージーランドから始まり、イギリス、EUと政策金利の発表が多い週です。またアメリカの雇用統計には注意が必要です。

12月03日(月曜日)

8:50
日 第3四半期法人企業統計(設備投資)
17:55
独 11月製造業PMI(景況感指数)
18:00
EU 11月ー製造業PMI(景況感指数)
18:30
英 11月製造業PMI(景況感指数)
19:00
EU 10月失業率

12月04日(火曜日)

0:00
米 11月ISM製造業景気指数
9:30
豪 10月小売売上高
豪 10月住宅建設許可
19:00
EU 10月生産者物価指数

12月05日(水曜日)

9:30
豪 第3四半期GDP
17:55
独 11月非製造業PMI(景況感指数)
18:00
EU 11月生産者物価指数
18:30
英 10月製造業生産
英 10月鉱工業生産
英 11月非製造業PMI(景況感指数)
19:00
EU 10月小売売上高
22:15
米 11月ADP全米雇用統計

12月06日(木曜日)

0:00
米 11月ISM非製造業景気指数
米 10月製造業新規受注
5:00
NZ NZ準備銀行理事会(政策金利発表) 要注意!
RBNZオフィシャル・キャッシュ・レート
14:00
日 10月景気動向指数
20:00
独 10月製造業受注
21:00
英 英中銀(BOE)金融政策決定会合(政策金利発表 要注意!
21:45
EU ECB理事会(政策金利発表) 要注意!
22:30
米 週間新規失業保険申請件数

12月07日(金曜日)

8:50
日 第3四半期GDP(改定値)
22:30
米 11月雇用統計(非農業部門雇用者) 要注意!
米 11月失業率
0:00
12月ミシガン大消費者信頼感指数

外国為替人気ブログへ
為替で稼ぐ情報が満載!
外為の情報はこちら!



11月30日の主な経済指数

FX初心者の管理人です。今日の主な経済指数です。今週一番注目される経済指数が発表になります。

その前に日本の経済指数が発表になっています。

日本10月失業率は4.0%
10月消費者物価指数(生鮮食品除く)は前年比+0.1%

CPI(消費者物価指数)は為替市場の予想より0.1%上回る結果となっています。


19:00 EU11月ユーロ圏消費者物価指数
19:00 EU第3四半期ユーロ圏GDP
19:00 EU11月業況判断指数
19:00 EU11月ユーロ圏消費者信頼感
19:30 イギリス11月GFK消費者信頼感調査
21:00 南アフリカ10月貿易収支
22:30 カナダ9月GDP
22:30 カナダ第3四半期GDP
22:30 アメリカ10月PCEコア・デフレータ
23:45 アメリカ11月シカゴ購買部協会景気指数
24:00 10月建設支出


理想的副収入を稼ぐために開発した最新の為替FXシステムトレード

外国為替人気ブログへ
為替で稼ぐ情報が満載!
外為の情報はこちら!



11月29日の主な経済指数

FX初心者の管理人です。11月29日の主な経済指数です。昨日はドル円が久しぶりに110円台を回復しました。しかし終値では110円台をキープできずに109円台で引けています。ユーロ円、ポンド円などのクロス円も大きく値を戻しました。

16:00 イギリス11月ネーションワイド住宅価格
17:55 ドイツ11月失業率
18:30 南アフリカ10月生産者物価指数
18:30 イギリス10月マネーサプライM4
18:30 イギリス10月モーゲージ承認件数
22:30 カナダ第3四半期経常収支
22:30 アメリカ第3四半期GDP
22:30 アメリカ第3四半期個人消費
22:30 アメリカ第3四半期コアPCE
22:30 アメリカ新規失業保険申請件数
22:30 失業保険継続受給者数

日本時間の日が変わった後の経済指数

24:00 アメリカ10月新築住宅販売件数
24:00 アメリカ10月求人広告指数
24:00 アメリカ第3四半期住宅価格指数

今夜はアメリカの重要な指数が発表になります。特に注目するべき指数は、日本時間の22時30分の発表となる、アメリカのGDP(改定値)と個人消費です。

もちろん悪ければドル円は下落しますが、アメリカの経済が底固いと確認されれば、昨日に続きドル円は大きく上昇すると思われいます。ドル円の上昇に伴いクロス円も上昇。果たしてクロス円の続伸となるか!?注目したいところです。


外国為替人気ブログへ
為替で稼ぐ情報が満載!



11月28日の主な経済指数

FX初心者の管理人です。11月28日の主な経済指数です。注目したい経済指数は、アメリカの住宅バブルの崩壊で注目されるアメリカ10月中古住宅販売件数です。また、日本時間の4時に発表となる米地区連銀経済報告(ベージュブック)も注目したいところです。

ドル円の下落も一服感が出ていますね。久しぶりに109円台も回復しています。このまま109円台をキープできたら反転上昇すると予想しています。

業界初!究極の実践型FX!!

16:10 ドイツ12月GFK消費者信頼感調査
18:00 EU10月ユーロ圏マネーサプライM3
18:30 南アフリカ10月消費者物価指数
21:00 アメリカMBA住宅ローン申請指数
22:30 アメリカ10月耐久財受注

日本時間の日が変わった後の主な経済指数

24:00 アメリカ10月中古住宅販売件数
28:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

業界初!究極の実践型FX!!



11月27日の主な経済指数

11月27日の主な経済指数です。大きく為替を動かしそうな指数はないと思われます。
強いて言えば日が変わった24時に発表になるアメリカの11月消費者信頼感指数です。

18:00 スイス10月UBS消費指数
18:00 ドイツ11月IFO景況指数
18:30 南アフリカ第3四半期GDP

日本時間の日が変わった後の主な経済指数

24:00 アメリカ11月消費者信頼感指数
24:00 アメリカ11月リッチモンド連銀製造業指数

プロの手法を真似するだけで、貴方にも確かな結果を!リアルトレード戦術!!



各国の政策金利に注目、5月7日週の経済カレンダー

今週はイギリス、EU、アメリカと各国の政策金利の発表があります。
各国の政策金利の予想は以下の通りです。

米連邦公開市場委員会(FOMC) 予想は5.25%の据え置き
イングランド(BOE)銀行政策決定委員会(MPC) 予想は0.25%の利上げで5.50%
ECB政策金利 予想は3.75%の据え置き

と各国の政策金は、このようになっています。唯一利上げをするのはBOEです。そのため2週間前からポンドが上昇していました。為替市場は各国の政策金利を既に織り込んでいると思われいます。

注目は、政策金利発表後の会見内容や議事録内容です。利上げに前向きな発言内容であれば、その通貨は買われる結果となります。



重要指数が多い4月30日週の経済指数

今週、日本が大型連休のため商い薄状態が続きます。海外勢主導で円安になる可能性が高いです。またアメリカ、欧州の重要指数に注意したいところです。



来週は日本とアメリカの経済指数に注目

来週の予想前に、ちょっとこのサイトの商品を紹介させて下さい。

挽きたてのコーヒーとクッキーセット

私の友人が応援している団体です。今回、その友人が作ったコーヒーとコラボをして、ギフトセットを出ししました。コーヒーの利益は寄付させてもらいます。訪れた皆さん!良かったら応援してください!!私も微力ながら応援させてもらいます。メルマガの読者さんのプレゼントにしようと思っています。

挽きたてのコーヒーとクッキーセット


先週はG7後に大幅な円安に動くと予想していました。週の始めは円安に始まったものの、その後は対円で調整の円買戻しの動きとなりました。チャートを見ると、為替市場も上に動くのか、下に動くのか迷っているようです。

さて来週の主な経済指数です。注目は木曜日の未明に発表になるアメリカのベージュブックです。為替相場はアメリカの経済状況で大きく動きます。そのアメリカの景気判断となるベージュブックに注目しています。

また金曜日にある日銀金融政策決定会合に注目が集まります。市場予想は0.5%の金利据え置きです。しかし、その後の福井総裁の会見で利上げに前向きな発言がでれば急激な円の買戻しも考えられます。

どちらに相場が動くか予想しにくい週になりそうです。



欧米の経済指数多数!4月16日週の主な経済指数

先週までの外国為替のメインテーマだったG7も
円安が議題に上がらず閉幕しました。

来週はEUとアメリカの重要な経済指数が目白押しです。
注目したい指数は、週明け月曜日に発表になる
EUの消費者物価指数です。ユーロ円は史上最高値の
161円台で週末引けています。

その理由は以前としてEUの金利先高感があるからです。
もし消費者物価指数が大幅な上昇していれば
次回のECBでは利上げが確実視されます。
そうなるとユーロが買われる結果となり ユーロ円の一段高もあり得ます。
次に注目したいのが火曜日に発表となる
アメリカの消費者物価指数です。
こちらは、景気の減速が懸念されています。
もし消費者物価指数が予想より上回ればドルの 買戻しもありそうです。
その反面、予想を下回ればドルが急落しる可能性を秘めています。

また住宅着工件数と建設許可件数の住宅関連の 指数に注意したところです。

しかし、円はG7で議題に上がらなかったため軟調に推移すると見ます。



3月26日週の経済指数

今週も重要な経済指数の発表が控えています。
注目したい指数は日本の消費者物価指数でしょうか。
物価の上昇、日銀の即利上げとはならないものの注意が必要です。

アメリカとイランの関係も気になります。


3月12日週の経済指数

久しぶりのブログ更新です。いつも訪れていただいていた方には
ご迷惑をおかけしました。私がブログを更新しない間、為替も
大きく動いたようです。なぜかブログを更新しない時に限って
大きく動いている記憶があります。

このブログが更新されなくなったら為替が大きく動くと思ってください。(笑)

今週は重要な指数が多いようです。
また今週から欧米は夏時間に移行しています。
重要な経済指数の発表が1時間繰り上がります。
気を付けて下さい。



G7後の週明け、2月12日週の経済カレンダー

週末にG7が開催されました。
声明文の中に円安是正、ユーロ高是正が
盛り込まれるかが焦点でしたが、共同声明分の中には
円安是正は盛り込まれませんでした。

しかし、声明文はかなり玉虫色なため為替市場関係者が
どう受け止めるか週明けの市場を見極めたい。
円安に言及しなかった点で考えると円安にふれる
可能性が高いのでしょうか。

今週は重要な経済指数の発表が多いため
レンジ抜けもありそうな気配です。



G7声明文に注意!2月5日週の主な経済指数

先週はG7で円安が議題にあがるという発言と
あがらないという発言が交錯しクロス円は乱高下しました。
今週は、そのG7が9、10日にドイツで開催されます。

もし本当に円安是正が話し合われるのなら円高は必至。
逆に円安が議題に上がらなければ円全面安になると思います。
BOEECBの政策金利や
RBA キャッシュ・ターゲットの発表など
重要なイベントが目白押しです。

しかし為替市場のテーマはG7ではないでしょうか。
急激な円高には注意が必要です。


重要な指数が多い週、1月29日週の経済カレンダー

今週は米国の重要指数が多く発表になります。
水曜日のGDPから始まり、翌朝はFOMCの金利政策の発表、

12月個人支出、12月個人所得、1月雇用統計・非農業部門雇用者数
ドルを大きく動かすであろう指数がいっぱいです。

最近の米国は強い指数が相次いでいるのでFOMCの声明文には注目したい。
金曜日の1月雇用統計・非農業部門雇用者数を注目。


ドル円122円台乗せるか?1月22日週の経済カレンダー

先週は、ドル円が2005年12月以来、121円台に乗せました。

さて今週は、どう動くか注目です。

今週は日米欧とも重要な指数が少ないため

新しい材料を探しながらの相場展開になりそうです。



日本の利上げあるか!?1月15日週の経済指数

先週はドル円が節目である120円を抜けたため

他のクロス円も大きく上昇しました。

実に1年1ヶ月ぶりの120円の突破です。

個人的には120円突破は厳しいと思っていましたが、

あっさりと抜けた気がしました。

さて今週の重要な指数は、やはり日銀政策決定会合でしょう。

無担保コール翌日物の利上げあり!利上げなし!と真っ二つの様相です。

私はサプライズ利上げをして欲しいところです。

ちなみに市場予想は0.25%の利上げです。

そうなるとクロス円を一斉に売りたいと思っています。

しかし利上げがなければドル円は122円台もありえそうです。

とにかく18日木曜日は相場に釘付けです。



1月8日週の重要指数

先週はドルが大幅に買い戻される展開になりました。

特に欧州通貨のユーロ、ポンド、スイスフランが下落。

ユーロ円、ポンド円、スイスフラン円が下落しましたが、

今回の下落は決して円高ではないということです。

なぜならドル円は下落幅が小さいからです。

私は1月8日週も欧州通貨の調整下落を予想しています。

ユーロ円の底値予想



欧州通貨高続くか!?12月4日週の経済カレンダー

先週はポンドを中心に欧州通貨が全面高になりました。

その上昇トレンドが続くか、それともドルが巻き戻すか

注目の週になりそうです。



11月27日週の経済カレンダー

11月27日週の経済カレンダーです。

アメリカの景気に注目が集まっているので

アメリカの経済指数には要注意です。

特に火曜日のアメリカの中古住宅販売件数と

個人消費に注目したいところです。


初心者のFX、11月20日週の経済カレンダー

初心者のFX管理人です。

先週は重要な指数の発表があったにも関わらず、

為替相場は大きく動きませんでした。

その動きに痺れを切らしたのか、金曜日の夜に

ヘッジファンドの大きなドル売りが出たようです。

あれだけアメリカの弱い指数が続いたにも関わらず、

ドルが売られないのはおかしいと思っていました。

そう考えるとヘッジファンドのドル売りは適当では

なかったかと思います。

さて今週の主な経済指数です。


FXの初心者の11月13日週経済カレンダー

先週は極端に経済指数の少ない週でした。

このような週は要人の発言などに敏感に反応する傾向が

ありましたが、まさに先週はそうような週になりました。

今週は日欧米と重要な経済指数の多い週です。

注目する指数は、日本とEUののGDPと各国の消費者物価指数です。



アメリカの中間選挙に注目!11月6日週の重要指数

FXの初心者管理人です。

今週の大きな出来事は、何と言っても

アメリカの中間選挙でしょう。

火曜日の夜に投票が行われます。

中間選挙の結果次第では、ブッシュ政権不信任となり

ドルが売られる場面もあるかもしれません。

また利上げが予想されている2通貨の金利政策の

発表があります。

ただ先週に比べたら材料に乏しい週になりそうです。

FX為替ブログ応援クリックお願いします。
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米雇用統計に注意!10月30日週の主な経済指数

初心者FXの管理人のマナギです。

今週から欧米は冬時間になります。

オーストラリアは逆に夏時間になります。

重要な経済指数が1時間繰り下がりますから、

もちろん為替が大きく動く時間も変わってきます。

初心者のFX取引者のために確認の意味で

16時に主な欧州為替市場が開場

17時にロンドン為替市場が開場

23時にニューヨーク為替市場が開場

7時にニューヨーク市場が閉場

為替市場では1日の終わりはニューヨーク為替市場が

閉場する7時です。この時間でポジションの

ロールオーバーされます。

前置きが長くなりましたが、今週の注目指数です。

FX為替ブログへ



10月23日週の経済カレンダー

先週は、ポジション調整でドルが下落がしそうな雰囲気が

プンプンしていました。しかし金曜日には何とか118円台後半を

キープできたことが今後のドルの方向性に大きな

手がかりを残した結果になりました。

さて今週の重要指数ですが・・・

応援のクリックをお願いします!


10月16日週の主な経済指数

先週の為替相場は、週明けは北朝鮮の核実験実施を受けて

日本の地政学リスクが高まり、円安で始まりました。

しかし後半はアメリカの経済の底堅さや利下げ観測が

遠のいたことでドル高になり、結局ドル円は年初来

高値を更新して119円台後半で週を終えました。


さて今週の為替相場ですが重要な経済指数の発表が

たくさんあります。

特に火曜日に発表になるEUの消費者物価指数

水曜日に発表になるアメリカの消費者物価指数に注目です。

どちらの指数も政策金利の大きな判断材料になります。

来週のアメリカのFOMCの政策金利発表にも

大きな影響が出そうです。

ちなみにEUの消費者物価指数の市場予想は+1.8%、

アメリカの消費者物価指数は-0.3%の予想になっています。

しかしアメリカの消費者物価指数コアは+0.2%です。

どちらというと変動が激しいエネルギーと食品を除いた

消費者物価指数コアに注目が集まると思います。

応援のクリックをお願いします!


10月9日週の主な経済指数

10月9日週の主な経済指数です。

日本は3連休ですが、もちろん世界の為替は月曜日から動きます。

今週の注目すべき指数は、やはりアメリカの経済指数のでしょう。

先週、大きく値を上げたドルの動きにも影響がでそうです。

特にFOMCの議事録の公開、さらにベージュブックとアメリカの経済が

底堅いのか、あるいは減速しているかが焦点になります。



と記事を書き終わるところでした。

一応、日本の日銀金融政策決定会合がありました。(笑)

多分、金利据え置きでしょう。

応援のクリックをお願いします!


10月2日週の主な経済指数

10月2日週の主な経済指数です。

今週は今後の為替相場のトレンドが生まれそうな指数が

たくさん発表になります。注目する指数は、

ランキングにご協力をお願いします


9月25日週の主な経済指数

今週の主な経済指数の経済カレンダーを追加しました。

今週の注目すべき点は・・・

ランキングにご協力をお願いします。



9月18日週の主な経済指数

9月18日週の主な経済指数です。

18日の日本市場は、敬老の日で休場となっています。

今週の注目は、やはり日本時間の21日、3時15分に発表となる

米国のFOMCの政策金利の発表でしょう。

FOMCとは、アメリカ連邦公開市場委員会と言い、

日本の日銀の金融政策決定会合に相当します。

予想は5.25%の据え置きとなっています。

先週の米国消費者物価指数を見る限りインフレは抑えられていると

見られます。指数発表後のレートも殆ど動いていないところを見ると

マーケットでは政策金利の据え置きは、ほぼ織り込み済みと見られます。

万が一、米国が利上げするようであれば米ドルが大きく買われる展開に

なると思われます。

ランキングにご協力をお願いします。