「初心者のFX、外国為替証拠金取引」のメルマガでは初心者にも分かり易くFX、外国為替証拠金取引を解説しています。また今後の為替予想や為替ニュースで気になったものを配信します。発行部数は2000部と人気のFXメルマガです。ぜひ購読してみてください。購読料は無料です。

メルマガ登録・解除 ID: 0000175583
初心者のFX、外国為替証拠金取引
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

為替相場の予想

オーストラリアドルは買い!?

FXのあるサイトの動画解説によると、2008年に底入れしたオーストラリアドルが調整の下落を入れて今再び上昇トレンドの波が開始されたそうです。

分かりやすく動画で解説!

動画の解説をしてくれているのはFXの世界では知らない人がいないほどの有名な方です。サブプライムローン問題で株価や米ドルが暴落する開始前から警告を発信してくれていたり 、世界金融不安による大暴落や、その大暴落が起こる前の大きめの下落相場もほとんど注意勧告をしてくださっていた方です。

そして今年2月の時点から「有料会員の方限定」で配信している動画を無料で一般公開してくれながら、今まさに迫り来るオーストラリアドルなどのクロス円のセカンドチャンス、上昇トレンドについて教えてくれています。

あなたがFX投資で今年の上昇トレンドの波にまだ乗れていない、としたら・・・
動画をチェックしておいて下さいね。なぜ、オーストラリアドルが今買いなのか? 詳細に教えてくれています。

今、なぜオーストラリアドルは買いなのか?動画で解説!!



12月4日の主な経済指数と今後の為替予想

昨日は動機薄で殆ど為替相場の変動がありませんでした。今日も重要な指数も発表がないため、金曜日のアメリカ雇用統計に向けてのポジション調整がメインと思えます。

既にオーストラリアの10月小売売上高と10月住宅建設許可件数が発表になっています。10月小売売上高は+0.2%と為替市場の予想より弱く、10月住宅建設許可件数は前月比-2.8%となり、これも予想より弱くなっています。そのためオーストラリアドルは下落しています。

09:30 豪 10月小売売上高
09:30 豪 10月住宅建設許可件数
19:00 EU 10月ユーロ圏生産者物価指数

外国為替人気ブログへ
為替で稼ぐ情報が満載!
外為の情報はこちら!



ドル円の上昇はしっかりと!今後の為替予想

ドル円は、やや売りが優勢で上値が重い状態が続いています。昨日から殆ど動きいていませんでしたが、121円70銭を越えてきています。ますますドル円の上昇トレンドは作られつつあります。

当面は1月に付けた高値122円20銭が目標のレートと思われます。どこかで押し目買いをしたいところですが、なかなか下落してくれません。

121円前半まで下落してくれば、ドル円の押し目買いをしたいと思っています。

外国為替人気ブログへ
為替で稼ぐ情報が満載!
外為の情報はこちら!

FX 初心者



ドル高基調続く、今後の為替予想

FX初心者のための(FX)外国為替証拠金取引の管理人です!

欧州通貨が対ドルで弱くなっています。そのためユーロ円、ポンド円も上値が重い状態のようです。特にユーロドルの下落幅が大きくなっています。4月27日に付けた1.3680ドルを高値に下落基調が続いています。ユーロドルの下落は続きそうです。



ドル円底堅い展開、今後の為替予想

FX初心者のための(FX)外国為替証拠金取引の管理人です。

先週末は人民元が対ドルレートで1日あたりの変動幅を中心値の±0.3%から0.5%に引き上げました。それをきっかけに同じアジア通貨である円が買い戻されました。

それを受けてドル円も一時121円を割り込みましたが、その後は何もなかったかのように、いつもの円安に戻ってしまいました。久しぶりの人民元ネタだったのですが、為替市場は大きく動くことはありませんでした。

そう考えると・・・



ドル円は上昇トレンドに!?今後の為替予想

FX初心者のための(FX)外国為替証拠金取引の管理人です。

昨日は、約4ヶ月ぶりにドル円が121円に乗せました。高値は121円36銭でした。現在も121円20銭の高値で推移しています。ドル円の次の節目のレートが2月の高値121円65銭です。

その次の高値が122円20銭となります。一時的な調整下落もありそうですが、レンジを抜けドル円は上昇トレンドに入った可能性があります。



ドル円121円狙いの動き、今後の為替予想

FX初心者のための(FX)外国為替証拠金取引の管理人です。

日銀は無担保コール翌日物金利、いわゆる政策金利を0.5%に据え置きました。この金利据え置きは市場予想通りです。やや円安に進んでいるようですが、大きな変動は今のところありません。



大幅な円安続く、今後の為替予想

FX初心者のための(FX)外国為替証拠金取引の管理人です!!

昨日から円安が進んでいます。やはり最弱通貨の円は売られやすいのでしょうか。ユーロ円は、史上最高値の163円73銭を付けました。それに連れてドル円も120円後半で推移しました。

今度のユーロ円ですが・・・



豪ドル100円乗せ、今後の為替予想

ヨーロッパ時間に入りオーストラリアドル/円が100円09銭まで上昇しました。1992年5月以来、実に15年ぶりの高値となっています。背景として今朝発表になったオーストラリアの失業率と新規雇用数が市場予想を上回ったことがあげられます。

そのため追加利上げをする可能性が出てきたのです。同じオセアニアドルのニュージーランドドルは下落。

15位のブログをチェック!




FOMC待ち、今後の為替予想

昨日は私が予想していた以上に相場が動きました。久しぶりに円が強くなったことに驚きました。昨日のユーロ下落で大損をしている人もいるようです。

5位のブログコメントをチェック

この羊飼いさんのブログのレスで「昨日の動きで大損をするということは資金管理ができていないと思われる」、と書かれていました。私も同感です。資金管理はFXをやる上で重要です。特にFXの初心者の方は忘れがちです。

ストップロスの明確な独自のルールを作りましょう。




取引に迷うところ、今後の為替予想

昨日はロンドン市場が休場もあり、主要な経済指数もなく小動きに終始しました。今日も今のところは狭いレンジで行ったり、来たりの繰り返しです。これだけ動かないと上値が重たく感じます。対円の急落を警戒しているブログもあります。→11位のブログをチェック!



対円は底堅い展開か?今後の為替予想

ゴールデンウィーク明けの東京市場は、やや円高に推移しています。特にドル円はアメリカ系の売りが持ち込まれ一時119円70銭台を付けています。テクニカル的に見たら119円40銭辺りがサポートラインになりそうです。

ユーロドルではMACDがデッドクロスになっているようです。9位のブログに書かれています。



フランス大統領選の結果と今週の為替動向

フランスの大統領選が終わりました。結果は、サルコジ氏の勝利でした。サルコジ氏ととはどのような人物か気になるところです。実はサルコジ氏は、公約に行き過ぎたユーロ高には手段を講じると掲げていた人物なのです。

5位のGW明けの記事に注目!!



アメリカ雇用統計のゆくえ、今後の為替予想

昨日はアメリカ時間にドルが大幅に上昇しました。それに連れてドル円も上値が重い予想をしていた120円20銭辺りを明確に超えてきました。アメリカの4月ISM日製造業景況指数が56.0と市場予想を上回ったことで私が予想していた以上にドルが買い戻されたようです。

米雇用統計は、再び米景気不安を復活させるか?3位のブログも確認!



ドル円上値重たいか!?チャート分析と為替予想

今日からゴールデンウィークの後半が始まりました。ここにGW中の値動き幅が書かれているブログがありました。現在は、まったく逆の方向に動いています。異例のGWになりそうな予感です。

昨日は、約2ヶ月ぶりにドル円が120円台に乗せました。しかし、私が予想した通り120円20銭辺りで上値が重い展開になっています。

昨日の予想記事へ

日足チャートで見てもボリンジャーバンドの+2σにタッチしている状態です。



ドル安なのにドル円は上昇基調?今後の為替予想

昨日のアメリカの経済指数が軒並み弱い数字となり、ドルは主要通貨に対して下落したものの、ドル円だけは下落しないという、おかしな現象がおきています。4月30日にはドル実効相場レートは、史上最安値まで落ち込んでいるそうです。



ドル円120円乗せも、今後の為替予想

今日は日本休場の中、昼間にユーロ円が163円台を示現しました。先週からの円安の動きが続いています。その後のユーロドルの上値が重いためユーロ円も162円50銭辺りに戻しています。



ニュージーランドのサプライズ利上げ、今後の為替予想

ニュージーランドのRBNZオフィシャル・キャッシュ・レートが市場予想に反して利上げになりました。これによりニュージーランドの政策金利は7.5%になった訳です。日本の低金利からすると羨ましい限りです。しかし、それだけニュージーランドのインフレが抑えられていないことが言えます。



動かない為替相場、今後の為替予想

昨日から為替は、ほとんど動いていません。これだけ動かない週も珍しいですね。特に4月のドル円の値動きは歴史的に見て非常に小さなものになっているようです。昨日のアメリカの中古住宅販売件数の悪さからいってもドル円はもっと売られても良いのですが。そこは他のクロス円の上昇に下支えされているようです。



方向性のないチャート、今後の為替予想

この5日間、方向性がまったく定まらない為替市場です。チャートを見ても、どちらに動くのか迷っています。以下のチャート画像を見てください。



円高から始まる、今後の為替予想

週明け、東京時間はユーロ円161円台割れ、ニュージーランドドル円88円台割れと円高に推移しました。やはり急激に円安が進んだ通貨の調整、円買い戻しが続いているのでしょうか。今週はゴールデンウィーク前でもあるため、日本時間に円高になりやすい展開かもしれません。



今夜は円売り・・・今後の為替予想

昨日は大幅な円高でユーロ円、ドル円とも大幅に値を下げました。筆者的には、もう少し円高が進むと予想しましたが思っていたより円高に振れませんでした。

他のブログでも円高を予想しているものが多かったのでないでしょうか。

やはり最弱通貨の円は売られやすいのでしょう。もう少し円高に振れたらスワップ金利狙いの円売りができたのですが・・・さて今後の為替予想です。



クロス円の底値は?今後の為替予想

昨日の記事でユーロの調整の下落が始まっても、おかしくはないと書きましたが、昨日のロンドン時間の午後になり円キャリートレードの巻き返しが進んでいるようです。

ユーロ買われ過ぎ!今後の為替予想

東京時間のでは円独歩高になりました。これは中国のGDPが+11.1%と為替市場の予想以上の結果がきっかけで円の買戻しが活発になったようです。



ユーロ買われ過ぎ!今後の為替予想

ユーロドルが一時1.36台を示現しました。2004年以来の1.36台です。しかし、ちょっとユーロは買われ過ぎているようです。4月10日のIMMシカゴ統計で、10万4千枚と史上高値を更新して、過去最高のユーロ買いになっています。



円安基調は変わらない!?今後の為替予想

昨日は主な経済指数が発表になりました。
その結果は強弱入り混じりドルを売ることも
ユーロを売ることもできない中、最弱通貨の円だけは
売られた結果となりました。

ただ注意したいのはドルが強くてドル円が上昇している
訳ではないことです。ロンドン時間に入りポンドドルが2ドル台を
示現しています。またユーロドルも1.35ドル台と高値圏で推移しています。

つまりドルは円以外の通貨に対しては弱くなっているのです。
現在のドル円の上昇はユーロ円やポンド円に連れて
上昇しているに過ぎないということです。

この点を頭の片隅に置いてドル円の取引をして欲しいと感じます。
さて今後の為替よそうです。



ユーロ円はどこまで上昇?今後の為替予想

やはり週明けは大きく円安に振れています。
朝方はやや円高に振れドル円は118円台に下落したものの、
週末のG7でユーロなどで進む円安について具体的な議論が
なかったからです。

円高に振れた後にユーロ円は一時162円台を回復し、
ドル円も119円台を回復しています。やはり円が軟調な展開です。

さて今後ユーロ円がどこまで上昇するかの予想です。
ある証券会社では165円を予測もあるそうです。
当面は1998年につけた163円20銭が節目となるレートと言えます。
後は163円00銭が売りが出やすいレートではないでしょうか。



今週末はG7です。今後の為替予想

12日、G7に出席するためにワシントンに着いた日銀の福井総裁は、
米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長と会談しました。
その会談の中で世界経済の成長に変わりがないという考えで
一致したそうです。

会談後に福井日銀総裁は、円安ユーロ高はG7の議題に上がらない
と述べたようです。この発言をみても今回のG7は無風に終わりそうです。



今度のG7の行方は?今後の為替予想

円がひとり負けです。ユーロ円は160円台をキープして
161円台を狙いに行きそうです。
またドル円でも119円台半ばで推移しています。

今の為替市場はユーロ>ドル>円という構図です。
投資家としてはキャリートレードでスワップ金利ゲット!と
オイシイですが、日本人として円が弱いのは複雑です。

さて今週末、ワシントンでG7が開催されいます。
要人の発言に注意をしたいところです。



ユーロ円160円台乗せ間近!今後の為替予想

ユーロ円が上昇しています。18時現在159円75銭となり、
160円台乗せも時間の問題になってきています。

一時159円90銭と高値を更新したものの心理的な節目である
160円直前で神経質な取引になっています。

今日は東京時間にやや円高に振れドル円は一時
119円台を割り込みました。しかし、その後は円売り優勢となり、
再び119円台に値を戻しています。

ドルは先週の強い雇用統計の結果を受けて買われました。
ユーロドルでは1.34ドル台を回復しています。



いざ!雇用統計、今後の為替予想

ユーロが一人勝ちですね。ユーロドルは1.34ドル台に、
ユーロ円は159円半ばまで上昇しています。
気になるのが、どこまで上昇するかです。

ユーロドルは、1.35ドル台半ばまで、ユーロ円は
160円台を目指す展開になりそうです。
ユーロドルは2005年につけた高値1.3470ドル台が
レジスタンスラインになりそうです。



ユーロ円160台を試す展開に!今後の為替予想

昨日のアメリカの経済指数の結果からお伝えします。
まずADP雇用報告は10万6000人と為替市場の予想より
弱い数字になりました。

その後に発表になったISM非製造業指数は52.4と
こちらも為替市場予想より弱い数字にです。
今回のISM非製造業指数は4年ぶりの低水準なものです。

とくれば・・・ドル安が進むはずですが結果は、
私が思ってたよりドルの下落は限定的でした。
オーストラリアドル/円やユーロ円の上昇に連れて
ドル円も大きな下落にならなかったようです。



ドル円は高値圏で推移、今後の為替予想

東京時間にドル円は2月27日以来、約1ヶ月ぶりに
119円台を示現しました。しかし119円台をキープできずに
現在は118円80銭と高値圏で推移しています。

私もそうですが116円〜119円のレンジ相場と予想している
為替市場関係者の売りが出ているようです。私も逆張り
(円買いドル売り)で勝負したいと思っています。

強かったオーストラリアドルも今朝の金利据え置きで
売り先行となりましたが、現在は96円台に値を戻しています。
さて今後の為替予想ですが・・・



ドル円は上値を試す展開、今後の為替予想

ドル円が欧州時間に入り118円台に乗せてきました。
今までの展開では118円で大きな売りに押されて
キープできずに117円台に落ちてきていました。

しかし今夜の展開は上値を試すような動きになっています。
118円80銭辺りに90日の移動平均線があります。
そこを上抜けするかが焦点になりそうです。



ドル円はレンジ相場か!?今後の為替予想

今朝の日銀短観を受けてドル円は一旦118円台を示現しましたが、
結局キープできずに117円台後半で終始しました。
ここ数週間は118円台に乗せたと思えば、下落といった動きが
続いています。かなりドル円の上値は重いようです。

ドル円の上値のメドですが118円30銭辺りになります。
下値は28日の安値である116円40銭辺りになります。
そこを下抜けするとドル円は売られやすくなります。



G7前の週末、今後の為替予想

昨日は、ECBが金利を据え置きました。ECBの金利据え置きは
為替市場は織り込み済みだったため発表後、
ユーロは大きく値が動くことはありませんでした。

しかしトリシェECB総裁の会見の内容が3月に利上げを示唆
するものだったためユーロが大きく買われました。
私の印象ではユーロドルの上値が重い感じです。

同じに日に発表になったBOEの政策金利後に
ポンドが大きく値を下げたのも原因のひとつと思っています。
ポンド円も大きく下落しました。



ドル円121円にタッチ、今後の為替予想

日本時間は小動きな展開になりました。
しかしロンドン市場に入りと円安が進み、
ドル円は121円をタッチしました。

しかし、今夜は米国の雇用統計を控えているため、
その後は様子見ムードの展開が続くと思っています。

雇用統計は為替市場の中では人気の指標のひとつで
もっとも相場が動くので知られています。
私が記憶しているものでもドル円の大きな下落は
雇用統計発表後です。



要人のG7発言に翻弄、今後の為替予想

円買いが昨夜から続いています。
発端はポールソン米財務長官が議会証言で
「円を強く注視していく(watching very very carefully)」と
発言したことで121円台だったドル円が一気に120円台に下落。

ポールソン米財務長官は更にG7で円安につてい話し合うと
証言したため円売りが非常にしずらい状態になった。

しかし日本時間では渡辺財務官が「円安はG7の議題にはならず」と
ポールソン米財務長官の発言を否定した。
ここまで来るとG7前には更なる円売りはしにくい。

今朝のFOMCのは政策金利を据え置いたが、
声明文を見てら、もう少しドル高にふれても良いのだが。
ちなみにアメリカの政策金利はFF(エフエフ)レートです。
以下がFOMCの声明文です。



やや円高で推移、今後の為替予想

日本時間から円高気味に推移していましたが、
欧州時間に入り円が買い戻されています。
やはりG7でユーロ円の円安が議題にあがると要人の
発言があったためです。
ポンド円では一時237円、ユーロ円は157円を割り込みました。

ドル円も121円の後半で推移していたものの耐え切れず
121円前半まで値を下げています。
しかしドル円が一番底堅い感じがします。

さて今後の為替予想です。



122円台示現で上値を狙う展開か!?今後の為替予想

日本時間からジリジリと値を上げていたドル円が
欧州時間の16時に入り122円台に乗せた。
これは2002年12月以来、実に5年ぶりである。

ドル円に連れて上値が重たかったユーロ円、ポンド円も上昇。
やはり先週の日本の消費者物価指数が弱いことで
日銀の利上げ時期が遠のいたと為替市場は見ているようだ。

さて今後の為替予想です。



欧州通貨の下落が続く、今後の為替予想

今週は日替わりで円高、円安を繰り返しています。
水曜日は、円全面高になりましたが、昨日は円安に。
それも、これもG7に関する報道や発言が相次いだからです。

水曜日には「G7で円安が議題に上がる」と報道されて
円の買戻しが活発になりました。しかし昨日は、
「円安はG7の議題にはならない」と要人の発言が相次ぎ円安に。

個人投資家には読みにくい展開になりました。
ドル円は円高になる前の水準に戻りましたが、
欧州通貨は戻りが鈍いようです。さて今後の為替様子です。



円高継続か!?下値のメド、今後の為替予想

昨日の円に対してのオーストラリアドル、ポンドの下落を
発端に円全面高になっている。

ロンドン時間にも更に円買いが進んだ。
一旦は下げ止まった感があったが、2月のG7で円安問題が
議題に上がる可能性があるとの報道を受けて更に円の買い戻しが進んだ。

今の状況は去年の5月頃に似ている。
あの時もG7で円安が議題に上がるとの噂が流れ、
ドル円は118円台から一気に109円台と円高が進んでいる。

さて下値のメドです。



160円の大台が見えてきたユーロ円、今後の為替予想

昨日はECBのメンバーがタカ派的な発言があり、
ユーロが大きく値を上げる結果となった。
ユーロ円は、1月3日の発足以来の高値158円08銭を更新した。
昨日の高値は158円48銭だった。

しかし、昨日は1円近く上昇しているため、一旦は上値が重い
展開が予想される。上値のメドは、昨日の高値である158円48銭、
159円67銭がレジスタンスラインになりそうだ。



シカゴIMM統計とドル円、今後の為替予想

先週は日銀が利上げを見送ったことで円が売られました。
その利上げ見送り直前のシカゴIMM統計では円が売られすぎ
という結果となっています。

シカゴIMM統計によると1月16日時点の円売りは、
13.8万枚と過去最高になっています。
これは10月24日の119円66銭をつけた時を上回る数字です。

その後のドル円は調整が入り114円まで下落しています。
先週の121円60銭がドル円のピークとなるのか、
それとも123円を目指す展開になるか今週は注目です。

さて今後の為替相場の予想です。



ドル円121円40銭突破!今後の為替予想

ドル円が121円40銭を突破した。
実に1年1ヶ月ぶり、2005年の12月に付けて以来の
高値の水準になっています。
やはり、日銀は利上げを見送ったことで大きく円が
売られる結果となりました。先週まで為替市場は
日銀が0.25%の利上げを実施すると予想していました。

また消費者物価指数を下方修正したことも要因です。
これだけ材料が揃うと円を売りたくなりますね。
さて今後の為替予想です。



動きづらい展開、今後の為替予想

東京時間ではドル円は、小幅な動きに終始した。

ロンドン時間に入っても殆ど動いていない状態です。

しかし、ユーロ円、やポンド円の上昇で120円半ばまで上昇。

上値も重そうだが下値も5日移動平均線の120円05銭で

サポートされ底堅い展開です。

ドル円は、かなり動きづらい展開になっています。

さて今後の為替相場の予想です。



BOEの利上げサプラウズ、今後の為替予想

昨日は、久しぶりの為替市場でのサプライズが起きました。

殆どの市場関係者がイギリスの中央銀行でBOEが

金利を据え置くと予想していたのですが、

蓋を開けてみたら0.25%の利上げとなりました。

瞬間、ポンドが大きく買われました。

ポンド円でいうと昨日の安値が230円付近で高値が235円付近まで

上昇と実に5円近く動きました。ポンド円を買っていた人は、

瞬時にして大きな利益を得たわけです。

ちなみに私は買っていましたが232円レベルで売りました。(^_^;)



ドル円120円乗せ、今後の為替予想

ドル円が2005年12月以来の120円に乗せました。

これに連れて円独歩安の展開になっています。

去年から抜けれなかった120円を突破したことで

更に円安ドル高が進みそうです。

次のターゲットですが・・・



2006年のドル円の動きは過去最小、今後の為替予想

2006年のドル円の値動きが変動相場制になって以来、

最小の値動きだったようです。

去年のドル円の安値は109円、高値は119円後半と

約10円の値動きになります。

その反面、FXの取引の増加なので取引高は

大幅に増えたそうです。それだけ揉み合い相場が

多かったことになります。

さて今後の為替相場です。



やや円安進む、今後の為替予想

やや円が売られる展開になっています。

ドル円は119円を回復。下落基調が続いていた欧州通貨も

値を戻す展開になっています。

為替市場で円売りの安心感が出た模様です。

今後の為替予想です。



クリスマス休暇前、12月18日週為替予想

去年は、このクリスマス休暇前の1週間で痛い目に

あった方も多かったのではないでしょうか?

私もその1人でした。

今年は、どうでしょうか。例年、この時期は値動きが激しい

ようです。長期休暇前に為替ディーラーがポジションを

手仕舞いするからです。

今週は日銀金融政策決定会合やアメリカの

重要指数が多いためポジションを取りは慎重に!


やや円高で始まる、今後の為替予想

ロンドン時間になり、やや円高に推移しています。

やはり明日、日銀の金融政策決定会合後の会見で

日本の1月の利上げを予想する向きが多いのでしょうか。

今回の利上げは、ほぼないと思っています。

市場関係者も同じ予想をしています。

さて今後の為替予想です。



円安進む、今後の為替予想

今朝、日銀短観が発表になりました。日銀短観結果

結果は市場予想とほぼ同じでしたが、結果的に円が売られました。

昨日は、ドル円は久しぶりに118円を示現しました。

円が全ての通貨に対して安くなっているようです。

やはり日銀の年内の利上げ観測が薄らいだからでしょう。

昨日、ドル円が118円を示現したことで上値が軽くなったと

思われます。欧米のクリスマス休暇前にどこまで上昇するかです。

さて今後の為替予想です。



ユーロドルが崩れない限りは・・・今後の為替予想

昨日は、久しぶりのアメリカの強い経済指数を見ました。

昨日のアメリカの小売売上高へ

小売売上高が強い数字ということはアメリカの消費は衰えてない

と言えるでしょう。

節目であった117円20銭をブレークして117円68銭まで

上値を伸ばしました。しかしドル買いは続かなかったようです。

ロンドンが開いて利益確定のドル売りが持ち込まれたようです。

さて今後の為替予想です。



ドル円117円20銭越えトライ!?今後の為替相場予想

先ずは昨日のFOMCの声明文の内容です。

政策金利は5.25%に据え置き、インフレリスクが残る

インフレ圧力は時間をかけて鈍化していく可能性高い

米経済は07年緩やかに拡大する可能性が高い

1人の総裁は利上げ主張して据え置きに反対票

と、このような内容でした。

まだ「インフレリスクが残る」という文面を残したことで

次回のFOMCでの利下げ観測は遠のいたと思われます。

ただアメリカのインフレは、かなり抑えられたようです。

金融政策の効果が出てきた証拠です。

さて今後の為替予想です。



波乱が起きるかFOMC、今後の為替予想

今日は日本時間から円がジリジリと安くなりました。

ユーロ円は連日の史上高値更新をしています。

155円03銭を示現しました。

いったいユーロ円はどこまで上昇するのでしょうか。

当然、欧州時間に入っても円安の流れは変わらないかと

思っていましたが円が値を戻す展開のようです。

さて今後の為替予想です。



ドル円25日移動平均線を越えるか!?

欧州勢の参入と共に円がジリ安の展開です。

ユーロ円は史上最高値を更新し154円40銭を示現。

またドル円は25日移動平均線

今年の最高値119円88銭から直近の安値114円43銭下落の

フィボナッチ数での半値戻しにあたる

117円20銭付近まで上昇してきた。

ドル円は、ここを大きくブレイクできれば更に上値を目指すだろう。

ただ、ここで止められるとドル円の下値を攻められる可能性は

まだ残っている。しかし200日移動平均線である116円10銭で

底堅い展開が予想される。

ドル円が上値を伸ばすにはユーロ円の更なる高値更新がカギか!?

為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



ドル円底固めできるか、12月11日週の為替予想

先週はドルが軟調に推移しました。

しかし金曜日に強い雇用統計を受け、

やや値を戻す展開で終わりました。

また日銀の年内利上げ観測がないとの報道を受け

円が一気に売られる展開になりました。

ドル円は、当面の壁と言われていた116円10銭を

抜けたため上値を目指す展開になる可能性が

高いと言えます。

さて来週の為替予想と経済カレンダーです。



ドル円の上値の重さを確認、今後の為替予想

昨日はアメリカの経済指数で久しぶりに

良い数字がでましたね。

11月のADP全国雇用指数が15万8千件と

市場予想より5万8000件も上回る数字でした。昨日のADP全国雇用指数結果

しかし上値が重いことが確認できました。

ドル円は115円37銭をつけたものの、その後下落。

日本時間には、あっさり115円割れしてしまいました。

さて今後の為替相場です。



ドル円50%戻し割り込むか!?今後の為替予想

昨日のドル円はフィボナッチ数の50%戻しの水準で

ある114円40銭辺りをタッチした。その後反発したが、

今日の日本時間でも下値を攻められた。

しかし50%戻しを意識した展開で下値を攻めきれず。

もしドル円が114円40銭を切るのであれば、

もう少しクロス円の下値を攻められそうです。

今度の為替相場予想です。



ドル円の上値が重い展開に、今後の為替予想

昨日の為替相場は久しぶりに小動きな展開に

なりました。さすがに欧州通貨高を牽引していた

ユーロ、ポンドは上値が重いようです。

ユーロ円、ポンド円、どちらとも下落しています。

さて今後の為替予想です。



ユーロ円高値更新、今後の為替予想

またユーロ円が市場高値を更新しました。

高値は154円14銭です。どこまで上昇するのでしょうか?

それに連れてドル、ポンドなどに対して円が安くなっています。

焦点はユーロ高なのか、ドル安なのかです。

私は、急ピッチにユーロ高になり過ぎていると感じています。

しかし、なかなかユーロの調整局面が見られません。

一体、下落する時には、どこまで下落するのでしょうか?

さて今後の為替予想です。



ドル円はどこまで下落するか、今後の為替予想

驚きました!ポンド円の上昇。一気に229円台を示現しました。

凄すぎです。連れてユーロ円も153円96銭と高値を更新。

動きが鈍いのはドル円、ようやく116円台を回復しています。

全ての欧州通貨が高くなっています。

さて今後の為替予想です。



ドル円200日移動平均線が維持できるか!?

昨日は、最近の為替市場で比べたら値動きが少ない日でした。

ニューヨーク時間にドル円は116円割れしたものの、

何とか200日移動平均線である116円16銭をキープ。

かなり移動平均線に支えられているようです。

ユーロドルもかなり下値が堅いようです。

今朝、ベージュブックが公表になっています。

その内容ではアメリカ経済の順調さを伺える文面でした。

文面から考えると現在のドル安は行き過ぎを感じました。

さて今後の為替予想です。



ドル円は今夜がカギ!今後の為替予想

昨日は予想した通りユーロ主導の相場展開になりました。

ユーロドルは1.32台に入り、ユーロ円は153円台を示現しました。

しかし今朝、発表になった日本の10月鉱工業生産指数が+1.6%と

予想以上に良かったため円高になりユーロ円は153円台を割り込みました。

さて今後の為替予想です。



ユーロの動きに注目!今後の為替予想

昨日は、ややユーロが売られる場面が見られましたが、

終わってみれば続伸、ユーロドルは1.31ドル台をキープ、

ユーロ円は史上高値を更新しました。

今日もロンドン時間に入り、ユーロ、ポンドと欧州通貨が

値を上げています。ただ同時に円安も進んでいます。

その中、上値が重いのがドル円です。

今後の為替予想です。



ドル円、窓を埋める、今後の為替予想

朝の寄付き値が凄いことになりました。

ユーロドルなどドルに絡む通貨が窓を開けて始まりました。

このままドル安が進むかと思われましたが、

午後から円売り、ドル買戻しが入り、ドル円が

ジリジリ値を上げました。

結局、朝に開けた窓を埋めドル円は116円台を回復しました。

今後の為替予想です。



116円台の維持がカギ、為替予想

初心者のFX管理人です。

昨日は日米が休場でした。

商いの薄い中を狙って116円台を割り込むのでは

と思っていましたが、何とか116円台をキープできました。

結局、下げきれずといった感じでしょうか。

さて今日の為替予想です。



ドル安円高続くか!?為替予想

初心者のFX管理人です。

昨日は大した材料もないにも関わらず為替相場が

大きく動きました。特にドル円は、最安値116円37銭まで下落しました。

私が予想していた底値116円60銭も大きく割り込んでしまいました。

ドル安、円高要因を色々と調べてみると、

昨日の朝に日本の財務省が輸出企業にドル売り指示した

という噂が材料視されたようです。しかし、そのような事実は

確認できていないようです。

ちょっと無理やりな材料で為替が動いていたようです。

それだけ、最近のレンジ相場で市場のエネルギーが

貯まっていたのでしょう。

さて今日の為替相場の予想です。



噂でドル売られる、今後の為替予想

朝からドルが進んでいます。

その要因として財務省が日本の輸出企業にドル売りを

指示したとの噂が流れたようです。

この噂は、確認されなかったようです。

しかし噂で為替が動くとは、為替の材料がないのでしょうね。

更に夕方になり欧州勢がドル売りを仕掛けたようで、

ドル円、クロス円ともに下落しています。

さて今後の為替予想です。



様子見します、初心者FX、今後の為替予想

初心者のFX管理人です。

昨日は、ロンドン時間に入り、一気に円安が進み、

あっさりとユーロ円の史上高値を更新しました。

今日は、比較的に静かな動きになっています。

トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁とボラードNZ準備銀行総裁の会見で

ドル円、ユーロ円とも一旦下落しましたが、

発言の影響は限定的なようです。

さて今後の為替相場の展開です。



円安進む、今後の為替予想

ロンドン時間に入り、一気に円安が進みましたね。

やはり昨日、閉幕したG20でユーロ高円安が

話題にならなかったことから円売りが出たと思われます。

それを受けてユーロ円が史上高値を更新し151円69銭まで上昇。

それに合わせて主要通貨に対して円安が進んでいます。

さて今後の為替相場の予想です。



冴えない米国の指数だが・・・今後の為替予想

初心者のFX管理人です。

昨日はEUとアメリカの重要な指数の発表がありました。

しかし、結果的には相場はあまり動きませんでしたね。

あれだけ冴えないアメリカの指数が並んだにも関わらず

ドルが売られないのは、と首を傾げたくなります。

昨日のアメリカの経済指数の結果

消費者物価指数など

対米証券投資

鉱工業生産

さて今後の為替相場の予想です。



初心者のFX、今夜の目安となる為替レート

FXの初心者の方が目安となるレートを掲載します。

サポートラインとは、下落から反転上昇するレートの目安です。

レジスタンスラインとは上昇から反転下落するレートの目安です。

しかし、両ラインを超えると急落や急上昇が起きるレートでもあります。

レートの変動により日々サポートライン、レジスタンスラインは変わります。

米ドル/円 サポートライン:117円60銭 レジスタンスライン:118円30銭

ユーロ/円 サポートライン:150円95銭 レジスタンスライン:151円60銭

ユーロ/米ドル サポートライン:1.2802 レジスタンスライン:1.2844

FX為替システムトレードランキングへ
初心者の為替(FX)システムトレード実践TOPへ



FOMC議事録の内容と為替予想

今朝、公開になったFOMCの議事録の内容です。

大部分のメンバーがコア・インフレの低下を予想。

労働市場は引続きひっぱくしている。

景気下振れリスクは「若干」薄れた。

インフレ高進リスクは「極わずかながらも」薄れた。

インフレ率の低下実現へのリスクが最大の関心事。

予想以上に深い住宅市場調整へのリスクは後退した。

最大雇用での物価安定が必要。

現在のコアインフレ率は高く「居心地が悪い」。


コアインフレとは、値動きが激しいエネルギー価格と食品を

除いたインフレです。

最初の文面では、インフレが収まっていることを臭わせる内容です。

しかし最後にはインフレの警戒を継続するような内容です。

どちらにも取れる内容ですね。しかし依然とはハト派的な内容だと

私は解釈しました。つまり利上げ観測が遠のいたと思っています。

次の労働市場の「せっぱく」が気になります。

かなり雇用状態が悪くなってきているのでしょうか。

そうなるとアメリカの経済状況が厳しくなってくるように

思われるのですが・・・

さて今後の為替相場予想です。



米FOMC議事録に注意!11月15日の為替予想

初心者のFX管理人です。

昨日はアメリカの弱い経済指数を受けて、ややドルが売られる展開に

なりました。しかし終わってみるとドルは底堅い展開です。

やはり、かなりシカゴIMMの建て玉が解消されているのでしょう。

シカゴIMM統計、円の持ち高が半減の記事

昼間もゴトー日でもありドル買いがあったようで

118円に迫る展開になりました。

今後の相場展開ですが、



FX初心者のための為替予想、11月13日

今朝、日本の経常収支と貿易収支の発表があっています。

為替が大きく動く材料にはなりませんが、

現在はやや円高に推移しているようです。

先週は、中国の周小川人民銀行総裁の発言

大きくドル安が進みました。

今週は日欧米と重要指数の発表がたくさんあります。

更なるドル安に警戒が必要です。

さて今日の為替予想です。



要人発言に注目 11月10日の為替予想

初心者のFX管理人です。

昨日は、相場が久しぶりに大きく動きました。

ロンドン時間から円安が始まり、ドル円は118円越え、

ユーロも史上最高値を更新して151円台に入り、

高値は151円46銭でした。

唯一の経済指数、アメリカの貿易収支も無難にこなし、

今日の為替相場は終わりだと私は思いました。

しかし夜の1時に飛び込んできた

中国の周小川人民銀行総裁の発言です。

「中国は外貨準備の多様性についてとても

明確なプランを持っている。」と発言。

一気にドル売りの展開になりました。

ようやく118円台に乗せたドル円は118円を割り込み、

117円75銭まで下落してしまいました。

現在、中国はドル建ての外貨準備高が世界1位です。

つまり中国が外貨準備金にドル以外を使う

可能性を示唆したのです。

その外貨準備金として可能性があるのがユーロと円です。

しかし、この時間に要人の発言があると対処しようがないですね。

さて今日の為替予想です。



小動きな展開か!?11月8日の為替予想

初心者のFX管理人です。おはようございます。

昨日は見事に予想と反する為替相場の展開になりました。

要因としては福井日銀総裁の発言でした。福井総裁発言内容

私なりの解釈では、今までの発言内容と変わらない

玉虫色の発言だったと思ったのですが・・・

その発言に海外勢が過敏に反応したようです。

その流れは欧州とニューヨーク市場が開いていも変わらず、

ドル円は117円24銭まで下落しました。

さて今日の為替予想です。



円ジリ安の展開か 11月7日の為替予想

昨日は材料に乏しい為替相場でしたが、

終わってみると円が全ての通貨に対して安くなりました。

要人の発言もあったようですが、相場が動いていなと

いうことは影響も小さかったのでしょう。

ドル円も先週の弱気相場から一転、118円後半を

試す展開になりました。ポジション調整も終わり、

再度120円を試す展開になるのでしょうか。

さて今日の為替相場予想です。

FX為替ブログ村へ。



経済指数のない日 11月6日の為替予想

おはようございます。初心者のFXの管理人です。

先週末は、注目されていた経済指数、

アメリカの雇用統計・非農業部門雇用者数

失業率の発表がありました。

失業率の改善や雇用統計・非農業部門雇用者数

大幅上方修正によりドルが大きく値を上げました。

さて今日の為替予想ですが・・・

FX為替ブログ村へ。



今夜は重要な日 11月3日の為替予想

FXの初心者管理人です。おはようございます。

今日も読んでくれてありがとうございます。

今日は日本市場は、文化の日で休場です。

そのため昼間は、小動きな展開になると思われます。


昨日はアメリカの新規失業保険申請件数が

市場予想より弱い32.7万件だったことから

ドル安場面も見られましたが、何とか117円台でクローズ

しています。この水準、かなり底堅いと感じています。

しかし・・・

皆さんのお力を下さい。



ドル円の最悪なシナリオは回避できそう!?

初心者のFX管理人です。おはようございます。

ここ数日間は初心者のFX取引をされている方は、

ハラハラの連続でしょう。

初心者のFX取引の方は、やはり急激な円高になると

恐怖心も感じられているかもしれません。

しかし、為替が急激に変動する時ほど冷静に

判断しなければなりません。

今朝は、初心者のFX取引されている方に向けて

書いて見ました。

さて昨夜はアメリカの経済指数が2つ出ています。

先ずはおさらいです。

FX為替ブログ応援クリックお願いします。



200日移動平均線維持できるか!?為替予想

初心者FXの管理人です。おはようございます。

今日も読んでくれてありがとう。

と、のん気に挨拶をしている場合ではない相場です。

私はアメリカの経済指数も見ずに寝てしまいました。

起きたらドル円が1桁違っていました。

何が起きたのかと昨日の経済指数を見てみると

FX為替ブログ応援クリックお願いします。



日銀展望レポートで円高か!?10月31為替予想

FX初心者の管理人です。おはようございます。

さて昨日は波乱のまったくない為替相場でした。

強いて挙げるのであればポンドの上昇でしょうか。

それに連れるように欧州通貨が買われたようです。

さて今日は日本の重要な発表が目白押しです。

FX為替ブログ応援クリックお願いします。



25日移動平均線維持できるか!?為替予想

おはようございます。初心者FXの管理人です。

今日もご訪問ありがとうございます。

先週末は、怒涛のドル下落がみられました。

久しぶりに見た短期間でのドル下落でした。

節目となるはずだった117円80銭レベルを簡単に

突破してしまいました。

さて今日の為替相場の予想です。

もし宜しければ応援のクリックをお願いします。



NZと日本経済指数のまとめと10月27日の予想

先ずは今朝発表になったニュージーランドと

日本の経済指数です。

9月のニュージーランド 輸出 28億2000万NZD黒字

9月のニュージーランド 輸入 34億1000万NZD黒字

9月のニュージーランド 貿易収支 5億8700万NZD赤字


9月の日本の消費者物価指数 前年比 0.6%

9月の日本の消費者物価指数 コア指数 前年比 0.2%

9月の日本の消費者物価指数 コア指数 季調済前月比 0.0%

9月の日本の消費者物価 季調済 -0.3%

という結果になっています。

相変わらず日本の消費者物価指数は上がっていません。

日本の消費者物価指数は注目されていたのですが冴えない数字です。

おさらいのために日本の消費者物価指数が

なぜ注目されていたのかを書きます。

FX為替ブログへ



FOMCの声明文と今日の為替予想

今朝、アメリカFOMCの政策金利の発表がありました。

結果は5.25%の据え置きになっています。

市場予想通りです。

下記はFOMC声明文の抜粋です。

FX為替ブログへ



大きく相場は動くか!?10月25日の為替相場予想

昨日の為替相場ですが、119円50銭のストップロス

こなしたものの上値は重く、売り圧力に負ける結果となりました。

120円台はおろか年初来高値も更新できませんでした。

さて今日の為替予想です。

FX為替ブログへ



119円50銭越えがカギ 10月24日に為替予想

昨日はロンドン時間から始まったドル独歩高の流れが

ニューヨーク時間に入っても続き、119円27銭でクローズしています。

思ったよりドルの上値は重くなかったという印象でした。

さて今日の相場予想ですが・・・

為替ブログへ



119円を試す展開か!?10月23日の為替予想

今日はニュージーランド市場がレイバーデーで休場です。

主な経済指数もなく小動きな展開になると思っています。

非常に相場が読みにくい週になりそうです。

応援のクリックをお願いします!



昨日の指標のまとめと10月19日の為替予想

おはようございます。今日も読んでくれてありがとう。

昨日は仕事で重要指数をお伝えできませんでしたので

まとめとして掲載します。

米9月消費者物価指数(CPI) -0.5% 予想より弱い
米9月消費者物価指数(CPI)コア指数 +0.2% 予想通り

米10月住宅着工件数 177.2万件 予想より強い

またまた強弱入り混じった指標となりました。

これでは下げることも上げることも出来ず、119円を示現したものの

一日も維持出来ず現在は118円に戻っています。

さて今日の為替相場の予想です。

ランキングにご協力をお願いします。



10月18日の為替相場の予想

昨日は、たさくんの指数があったにも関わらず、

小動きな展開に終始しました。

ニューヨーク時間にはドル円が119円台に回復場面も

見られましたが、ドル買いが続かず118円86銭で

クローズとなり118円50銭割れせずとホッとしていました。

しかしその後・・・

応援のクリックをお願いします!



118.50円がカギ!10月17日の為替予想

昨日は、ロシア中銀が円を外貨準備通貨

することを検討しているという報道を受けて、

週明け誰もが120円をトライすると思っていた相場展開が・・・

そのロシア中銀の報道をきっかけにポジション調整が

入ったと思った方が良いのかもしれませんが。

一気に119円10銭までドルが下落してしまいました。

そして今朝、119円を割り込んでしまいました。

さて今日の為替相場の予想です。

応援のクリックをお願いします!



いよいよ120円へスタンバイ、10月16日の為替予想

先週の金曜日はロンドン市場が開いた直後に

日銀の福井総裁の日本の利上げを臭わせる発言で

ドル売りで始まりました。

しかし強弱マチマチのアメリカの指数にも関わらずドルが買われ

その時点でドル買いの勝ちとなり、119円64銭で週を超えています。

さて今日の為替相場の予想です。

応援のクリックをお願いします!



ベージュブックの内容と相場予想

日本時間の午前3時にベージュブックの発表があっています。

ベージュブックの中身は以下のようなものでした。


・幾つかの地区で自動車や住宅関連消費の減速続いている。

・多くの地区で個人消費支出が加速している。

・総じてインフレ圧力は抑制されている。

・経済活動は8月から10月初めにかけて引き続き拡大している。

・米連銀報告4地区で成長が加速、2地区で減速、その他はまちまちである。


なかなかアメリカの景気判断をするには難しい内容です。

応援のクリックをお願いします!



120円越えは遠いか?

昨日は北朝鮮の2回目の核実験の実施の誤報?や、

ニューヨークの高層マンションに飛行機が突っ込むなど。

飛行機が突っ込んだのはテロでないと確認されました。

地政学的リスクになるうるニュースが多かったですね。

その中でFOMC議事録の公表がありました。

内容は次のようなものでした。

応援のクリックをお願いします!



ドルはどこまで上昇するのか?

昨日は円安後にドル高に変わりドルが3日続伸しています。

年初来高値もあっさりクリア。既に昨日の出来事とは思えない

ほど遠い気がするのは私だけでしょうか。

さて今日の為替相場の予想ですが・・・

応援のクリックをお願いします!



やはりドルの上値は重たいか!?

今日も訪問してくれてありがとうございます。

昨日は北朝鮮の核実験実施のニュースが世界を駆け巡りました。

体育の日の雰囲気もぶっ飛んだ感じでしたね。

為替相場も円売り、韓国ウォン売りでしたが、思ったより小幅な動きに終始。

さて今日の為替相場の予想です。

応援のクリックをお願いします!



ドルの上値を目指す展開に

今日は日本は体育の日で日本市場は休場です。

他国の為替市場は、もちろん開いています。

先週の雇用統計を受けて大幅な上昇をしたドル円も

ほぼ終値と変わらないレートで寄り付いています。

さて今日の為替予想です。

応援のクリックをお願いします!



昨日トルシェ語録と今日の為替相場予想

昨日はトルシェECB総裁のひとり舞台でしたね。

ちょっとトルシェ総裁のコメント内容を書き出してみましょう。

応援のクリックをお願いします!



ECBトリシェ発言に要注意!

今日はECB、欧州中央銀行の政策金利発表があります。

市場予想では0.25%の利上げです。マーケットは、この利上げは

ほぼ織り込み済みだと思っています。

また英国も政策金利の発表があります。こちらは据え置きです。


注意したいのが・・・


ランキングにご協力をお願いします



原油の下落がアメリカを救うか!?

ロンドン時間には、ドルが売られ、円が買われる展開になりました。

ニューヨーク時間になると今度は逆転、円が売られ

円全面安の展開になりました。

ランキングが下落中です。もし宜しければ応援のクリックをお願いします。

ランキングにご協力をお願いします。



再度118円をトライか!?

昨日の相場は円が売られる展開になりました。

しかしニューヨーク時間になるとドルの上値が重かったのか、

あっさり118円を割り込み、その後に出たISM製造業指数の悪さに

ドル売りが加速、一気に117円50銭まで値を下げました。

さて今日の為替相場ですが・・・

ランキングにご協力をお願いします



やはり日本の指数は反応薄!?

おはようございます。今週もサイトをご覧頂きありがとうございます。

早いもので10月に入りました。今年も残すところ3ヶ月です。

FXも年末にかけて稼ぎ時?かもしれません。

さて10月2日の為替見通しです。

ランキングにご協力をお願いします



今週の相場はおかしい!?日本の経済指数発表

今日も読んでくれてありがとうございます。

先ずは注目だった日本の消費者物価指数が発表になっています。


8月の消費者物価 季調済 0.6%

8月の消費者物価指数 コア指数 前月比 0.1%

8月消費者物価指数 前年比 0.9%

8月消費者物価指数 コア指数 前年比0.3%

8月の有効求人倍率 1.08

8月の失業率 4.1%

ほぼ市場予想通りです。この指数を見る限り日本のデフレは脱却

したといっても良いのではないでしょうか。

この指数を受けて円はやや売られましたが、今ところ118円を指していません。

やはり118円くらいから上値が重い展開のなのでしょうか?

ランキングにご協力をお願いします



アメリカの経済指数は強弱入り乱れ

今日もご覧頂きありがとうございます。

昨日はアメリカ指数は強弱入り乱れた結果になりました。

先ずは8月の耐久財受注ですが市場予想より大きく下回る-0.5%でした。

その後に発表になった8月の新築住宅販売件数は105万件でした。

この数字だったら動きたくても動けないようでレンジ相場に終始しました。

しかしドルは対円で117円60銭まで上昇しています。

さて今日の為替相場ですが・・・

ランキングにご協力をお願いします



あの時間の円安に驚き

昨日のニューヨーク市場の円安には驚きましたね。

アメリカの指数の発表直後はまったく動きはあまりせんでした。

23時頃からドル、ユーロとも急激に円安に振れました。

ドルは117円22銭、ユーロは148円70銭まで上昇しました。

プレーヤーもなかなか下がらないドルとユーロに嫌気をさしたのでしょうか・・・

結局は今まで売っていたドルとユーロの買戻す展開になったようです。

さて今日の相場展開ですが、

ランキングにご協力をお願いします



9月26日の為替相場見通し

昨日はアメリカの8月中古住宅販売の指数が発表になっています。

結果は市場予想より、やや上回る630万戸でした。

市場予想より良い数字にも関わらず、米ドルはまったく買われませんでした。

今日の相場予想ですが、

ランキングにご協力をお願いします。



9月25日の為替相場の見通し

9月25日の為替相場の見通しです。

ランキングにご協力をお願いします。



弱すぎるアメリカの指数

みなさん、おはようございます。

今日も読んでくれてありがとうございます。

先ずは昨日経済指数の結果からです。

米国新規失業保険申請件数(9月17日の週) 31万8000件

米国景気先行指標総合指数(8月) -0.2%

米国フィラデルフィア連銀指数(9月) -0.4

となっています。

ランキングにご協力をお願いします。



無風のFOMC

さて昨日の最大の関心事であったFOMCの政策金利の発表ですが、

市場の予想通り5.25%の据え置きとなっています。


FOMC後の声明文では・・・

ランキングにご協力をお願いします。



ドル安基調が続くか!?

さて昨日の夜に飛び込んできた大きな国際ニュースである

タイでのクーデターです。新聞を見て、かなり驚きました。

今の世の中でクーデターって、まだあるんですね。タイバーツが急落しています

そのクーデターが起こる前までは米国の生産者物価指数の弱い数字を

受けて米ドル/円で一時117円を割り込みました。

しかし有事のドル買いだったのでしょうか117円70銭まで反発しています。

そのドル買いも長く続かず、結局117円67銭でクローズしています。

ランキングにご協力をお願いします。



G7は肩透かし

G7を受けて?!というか何もサプライズ的なものが出なかったため、

じりじりと円安が進んでいます。予想される議題も色々あったのですが・・・

円安につていの言及、人民元の切り上げ、など、など。

結局、何も出ずじまいでした

オーストラリア・ドルが対円で89円台を示現しています。

今日も円が主要通貨に対して売られる展開が続くと見ています。

しかしアメリカのFOMCが控えているため上値は限定的だと思っています。

今から円ショートを考えておられる方は気を付けてください。

米ドル/円 サポートライン:117.40 レジスタンスライン:118.50
ユーロ/円 サポートライン:148.50 レジスタンスライン:150.60
ユーロ/米ドル サポートライン:1.2600 レジスタンスライン:1.2760

ランキングにご協力をお願いします。



今日の相場の予想

今日のサポートラインとレジスタンスライン


米ドル/円 サポートライン:117.00 レジスタンスライン:118.00
ユーロ/円 サポートライン:148.70 レジスタンスライン:150.20
ユーロ/米ドル サポートライン:1.2630 レジスタンスライン:1.2800

ちなみにサポートラインとは、この水準まで下がると買いが入るレート
レジスタンスラインは、この水準まで上がると売りが入るレートです。

役に立つ為替情報はこちらから



追加でポジションを持ちました

おはようございます。FXマギーです。

9月8日から持っていたAUDとNZDのポジションを追加しました。

AUDを4万通貨、NZDを4万通貨、それぞれ取引をしました。

全部でAUDとNDZ合わせて12万通貨を保有しています。

現在は-41,000円になっています。


為替の世界で昨日、話題だったニュージーランド・ドルですが、

売りのサインが出ているようです。節目のレート78円で売りを仕掛けたい

ところです。但しスワップの支払いになりますので短期の勝負です。

79円を超えてくるようであれば、ロスカットも検討しましょう。


また米国時間には注目の消費者物価指数(CPI)の発表があります。

ここでなぜ消費者物価指数が注目なのかをお話します。

消費者物価指数は商品の販売価格の上下を表す指数です。

つまり商品の価格の上昇=インフレとなる訳です。

インフレ=利上げとなります。(そんな単純な話ではないんですが。)

つまり消費者物価指数が上昇していれば利上げ観測が高まり

ドル買いでドル上昇となるわけです。

米ドルも節目の118円まで上昇しています。これを抜けるからどうかは

今日の消費者物価指数がカギ握っているやもしれません。


役に立つ為替情報はこちらから

サイトの内容は正確性・安全性などを保証するものではありません。
投資については自己責任でお願いします。



重要指数目白押し

本日は米国の小売売上高、明日は米国のCPI(消費者物価指数)、週末には

G7と重要な指標とイベントが目白押しです。

東京時間では、あまり為替の動きはないと思われいます。

注意すべきは週末のG7でしょうか?サプラズ的な声明が出れば、

5月の円高の再現か??おまけに日本は週末から3連休。

円安に対する発言や人民元の切り上げ発言など、など・・・

しかし、今回のG7はサプライズはなしよ、ってな感じでしょうか?


また、ニュージーランドの金利は7.25%の据え置きになっていますが、

「インフレ圧力が強いことから、これ以上の引き締めがないとは

言い切れない・・・」と発言し、利上げを臭わせました。

その発言で大きくニュージーランド・ドルが買われています。

大部分が日本の個人投資家のようです。ちなみに私は買ってませんが・・・

全体的に見て、今日は様子見でしょうか。


ドル/円 サポートライン:116.90 レジスタンスライン:118.30

ユーロ/円 サポートライン:148.60 レジスタンスライン:150

ユーロ/ドル サポートライン:1.2638 レジスタンスライン:1.2744

役に立つ為替情報はこちらから



米ドル/円の見通し、米ドルショート

今日も米ドル/円で118円を示現しました。

しかし、その後反落。チャートを見てもボリンジャーバンドの+2σをタッチ。

ストキャトティクスでも売りのサインが出始めています。

ここは米ドルショートの短期勝負でいきたいところです。

役に立つ為替情報ありますよ


サイトの内容は正確性・安全性などを保証するものではありません。
投資については自己責任でお願いします。