「初心者のFX、外国為替証拠金取引」のメルマガでは初心者にも分かり易くFX、外国為替証拠金取引を解説しています。また今後の為替予想や為替ニュースで気になったものを配信します。発行部数は2000部と人気のFXメルマガです。ぜひ購読してみてください。購読料は無料です。

メルマガ登録・解除 ID: 0000175583
初心者のFX、外国為替証拠金取引
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

米国経済指数

ADP雇用統計、米国の経済指数の発表

アメリカのADP雇用統計の発表がありました。

結果は6万4000件。為替市場予想より大幅に下回っています。



PCEデフレータと個人支出、アメリカ経済指数の発表

個人支出(4月)  0.3% 市場予想より弱い

PCEデフレータ 前年比(3月) 2.4%

PCEコアデフレータ 前年比(3月) 2.1% 市場予想より弱い

PCEコアデフレータ 前月比(3月) 0.0% 市場予想より弱い

ドル円は、やや値を下げましたが、その後は発表前と同じ水準に戻っています。

外国為替人気ブログへ
為替で稼ぐ情報が満載!
外為の情報はこちら!



アメリカの消費者物価指数と住宅着工件数の発表

アメリカの経済指数の発表がありました。

消費者物価指数 前月比(3月) 0.6% 市場予想通り

消費者物価指数 前年比(3月) 2.8% 市場予想通り

消費者物価指数 コア指数 前月比(3月) 0.1% 市場予想より弱い

消費者物価指数 コア指数 前年比(3月) 2.5% 市場予想より弱い

住宅着工件数(3月) 151万8000件 市場予想より強い

建設許可件数(3月) 154万4000件 市場予想より強い

鉱工業生産(3月) -0.2% 市場予想より弱い

設備稼働率(3月) 81.4% ほぼ予想通り

この指数をみるとアメリカのインフレは落ち着いています。
しかし住宅関係の指数は堅調のようです。
アメリカの要人発言にあったようにアメリカのインフレ懸念は
残る結果となっています。

しかしドルは売られる結果になっています。

外国為替人気ブログへ
為替で稼ぐ情報が満載!
外為の情報はこちら!

初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



ニューヨーク連銀製造業景気指数と小売売上高

アメリカの経済指数の発表があっています。

ニューヨーク連銀製造業景気指数(4月) 3.8 市場予想より弱い

小売売上高(3月) 0.7% 市場予想より強い

対米証券投資収支(2月) 581億ドル黒字 市場予想より弱い

強弱入り混じっています。判断しがたいのか市場は反応薄です。

外為の情報はこちら!
為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



雇用統計のサプライズ!

先ほど雇用統計が発表になりました。
見てびっくりの数字です。何と!18万件。また失業率も4.4%と縮小。
これほどアメリカの雇用状態が良いとは思いませんでした。

景気減速観測を払拭しドルが値を上げています。
ドル円も119円30銭辺りの高値圏になっています。

あなたは、投資でこんな間違いをしていませんか?
外為の情報はこちら!
為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(雇用統計)

米国の経済指数の発表がありました。

2月2日

非農業部門雇用者数変化(1月) 11.1万人 市場予想より弱い
失業率(1月) 4.6% 市場予想より弱い

どちらの指数も為替市場の予想より弱い数字となりました。
ドルが売られる結果になっています。ドル円は120円60銭で推移。
ユーロドルはやや上昇しています。

あなたは、投資でこんな間違いをしていませんか?
為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(ADP雇用統計など)

米国の経済指数の発表がありました。

1月31日

ADP雇用統計(1月) 15万2000人 市場予想より強い
個人消費(PCE指数)(第4四半期速報値) 4.4% 市場予想通り
実質GDP 前期比年率(第4四半期速報値) 3.5% 市場予想より強い

力強い数字が並びました。特にGDPは市場予想より0.5%も良い数字です。
アメリカの景気が良いことが分かります。
しかし市場は、あまり動いていません。
ドル円は121円60銭で推移しています。

あなたは、投資でこんな間違いをしていませんか?
為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



耐久財受注の発表

米国の経済指数の発表がありました。
耐久財受注((12月) 3.1%

市場予想より強い数字になっています。しかし市場は反応薄です。

欧州通貨の下落が続いています。ユーロドルは1.29ドルを割り込みました。
ポンドドルも値を下げています。それに連れてユーロ円、ポンド円も
上値が重い状態になっています。

あなたは、投資でこんな間違いをしていませんか?
為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(フィラデルフィア連銀指数)

米国の経済指数の発表の発表がありました。(1月19日)

フィラデルフィア連銀指数(1月) 8.3 為替市場予想は3.1です。
為替市場予想より強い数字になっています。
今夜の米国の指数をみると、かなり景気が底堅いようです。

あなたは、投資でこんな間違いをしていませんか?
為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(住宅着工件数など)

米国の経済指数の発表がありました(1月17日)

住宅着工件数(12月) 164万2000件 為替市場予想より強い
建設許可件数(12月) 159万6000件 為替市場予想より強い
新規失業保険申請件数(1月14日の週) 29万件 為替市場予想より強い

全て為替市場予想より強い数字になっています。
ドルの売り買いが交錯しているようです。

あなたは、投資でこんな間違いをしていませんか?
FX為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(消費者物価指数)

米国の経済指数の発表の経済指数の発表がありました。(1月17日)

消費者物価指数コア指数 前年比(12月) 2.6% 為替市場予想通り
消費者物価指数前年比(12月) 2.5% 為替市場予想より強い
消費者物価指数 コア指数 前月比(12月) 0.2% 為替市場予想通り
消費者物価指数 前月比(12月) 0.5% 為替市場予想より強い

この結果を見る限り、物価は落ち着いているようです。
この指数を受けてドルが買われています。

あなたは、投資でこんな間違いをしていませんか?
為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(対米証券投資収支)

米国の経済指数の発表がありました。

1月17日

米証券投資収支(11月) 749億ドル黒字

対米証券投資収支(11月) 684億ドル黒字 市場予想より弱い

為替市場は反応薄です。

あなたは、投資でこんな間違いをしていませんか?
為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(生産者物価指数)

米国の経済指数の発表がありました。

1月17日

生産者物価指数 前月比(12月) 0.9% 市場予想より強い

生産者物価指数 コア指数 前月比(12月) 0.2% 市場予想より強い

生産者物価指数 コア指数 前年比(12月) 2.0% 市場予想通り

生産者物価指数 前年比(12月) 1.1% 市場予想より強い

あなたは、投資でこんな間違いをしていませんか?
為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(小売売上高)

米国の経済指数の発表がありました。

1月12日

小売売上高(12月) 0.9%

市場予想より強い数字になっています。

ドルは一旦上昇しましたが上値が重い展開になっています。

為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(貿易収支)

米国の経済指数の発表がありました。

1月10日

貿易収支(11月) 580億2000万ドル赤字

市場予想より強い数字になっています。

この指数を受けてドルが上昇しています。

ユーロドルで1.2970ドルです。

為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(経常収支)

米国の経済指数の発表がありました。

12月18日

経常収支(第3四半期) 2255億ドル赤字

ほぼ市場予想通りです。

ドル円は反応薄です。ややドル円、ユーロ円、ポンド円が

円高に振れています。

為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(設備稼働率)

米国の経済指数の発表がありました。

12月15日

設備稼働率(11月) 81.8%

市場予想より悪い数字になっています。

ドル円は下げ止まった感がありますが、

欧州通貨が対円で売られています。

ユーロ円は154円60銭、ポンド円は231円を一時割り込みました。

底堅いのがオセアニア通貨です。

為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(対米証券投資)

米国の経済指数の発表がありました。

12月15日

10月対米証券投資 823億ドル

市場予想より強い数字になっています。

しかしドル安は止まらず。

ドル円は117円70銭、ユーロドルは、1.3174ドルで推移しています。

為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(消費者物価指数)

米国の経済指数の発表がありました。

12月15日

消費者物価指数 前月比(11月) 0.0% 市場予想より弱い

消費者物価指数 前年比(11月) 2.0% 市場予想より弱い

消費者物価指数 コア指数 前年比(11月) 2.6% 市場予想より弱い

消費者物価指数 コア指数 前月比(11月) 0.0% 市場予想より弱い

この指数を受けてドル円が118円台を割っています。

予想以上にアメリカのインフレが抑えられています。

為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(小売売上高)

米国の経済指数の発表がありました。

11月小売売上高 +1.0%

市場予想より強い数字になっています。

この指数を受けてドル円が上昇しています。

節目のレートである117円20銭を越えています。

現在、117円40銭で推移。

為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(貿易収支)

米国の経済指数の発表がありました。

12月12日

10月貿易収支 -588.7億ドルの赤字

市場予想より赤字幅が縮小しています。

この指数を受けて今日の高値117円15銭を示現しています。

為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(雇用統計)

米国の経済指数の発表がありました。

12月8日

11月の雇用統計・非農業部門雇用者数 13万2000人

11月の失業率 4.5%

雇用統計は市場予想より3万人上回っています。

この指数を受けてドル円が一時115円87銭を示現しています。

為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(ADP全国雇用指数)

米国の経済指数の発表の経済指数の発表がありました。

12月6日

11月のADP全国雇用指数 15万8千件

市場予想より大幅に良い数字になっています。

ドル円は115円台に乗せたものの上値は重いようです。

22時30分現在、ドル円は115円10銭で推移しています。

ようやく欧州通貨売りが一巡したようです。

ニューヨーク市場が開いたらどちらに動くか注目です。

為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表( ISM非製造業景況指数)

米国の経済指数の発表がありました。

12月6日

ISM非製造業景況指数(11月) 58.9

市場予想より強い数字になっています。しかし上値は重いようです。

為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(個人支出など)

米国の経済指数の発表がありました。

11月30日

PCEコア・デフレータ 前年比(10月) 2.4% 市場予想より強い

PCEコア・デフレータ 前月比(10月) 0.2% 市場予想より強い

PCEデフレータ 前年比(10月) 2.3% 市場予想より強い

新規失業保険申請件数 35万7000件 市場予想より弱い

個人支出(10月) 0.2% 市場予想より強い

これだけ予想以上の指数が出ているのにも関わらず

殆ど為替市場は動いていません。

やはりドル弱気相場なのでしょうか?

為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国ベージュブックの内容

米国のベージュブックの公表がありました。

内容は以下の通りです。

11月30日

・賃金上昇は総じて緩やかだが一部専門職で強い上昇圧力

・大部分の地区で10月から11月初めにかけて個人消費拡大

・大部分の連銀管轄区で緩やかな成長が続いた

総じてアメリカ経済の景気が良い状態にあることが伺えます。

賃金の上昇などインフレ圧力が残っていることも示唆されている

ようにも思われます。

ファンダメンタルではドルが売られすぎを感じます。

FX為替ブログ村へ。
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(新築住宅販売件数)

米国の経済指数の発表がありました。

11月30日

新築住宅販売件数(10月) 100万4000戸 為替市場予想より弱い

新築住宅販売件数 前月比(10月) -3.2% 為替市場予想より弱い

やはり住宅バブルはかなり沈静化しているようです。

FX為替ブログ村へ。
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



個人消費・改定値は強い

米国指数の中で一番注目していた個人消費は

為替市場予想より強い+2.9でした。

ドルには少しだけ明るい指数かもしれません。

なぜならアメリカの経済は個人消費に支えられている

部分が大きいからです。個人消費の冷え込みは

景気の減速に繋がるからです。

私はドル円は保有していませんが、何とか115円30銭を

キープして欲しいところです。関連記事

FX為替ブログ村へ。
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(GDP改定値など)

米国の経済指数の発表がありました。

11月29日

第3四半期GDP・改定値 +2.2% 為替市場予想より強い数字

第3四半期GDPデフレーター・改定値 +1.7% 為替市場予想より弱い数字

第3四半期コアPCE指数・改定値 +2.2% 為替市場予想より弱い数字

一瞬、116円47銭を示現しましたが上値が重たいようです。

また24時に発表になる新築住宅販売件数と

明朝の4時に公表となるベージュブックを見極めたい様子です。

FX為替ブログ村へ。
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(中古住宅販売件数など)

米国の経済指数の発表がありました。

11月29日

中古住宅販売件数(10月) 624万件 市場予想より強い


消費者信頼感指数(11月) 102.9 市場予想より弱い

FX為替ブログ村へ。
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(耐久財受注など)

米国の経済指数の発表がありました。

10月の耐久財受注 -8.3%、市場予想より弱い

10月の建設許可件数 155.3万件 前月153.5万件より強い

この指数を受けて、ややドルが売られましたが

何とか下値はキープしています。

ドル円で116円16銭で推移しています。

FX為替ブログ村へ。
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(新規失業保険申請件数)

初心者のFX管理人です。

久しぶりに為替相場が大きく動きました。

その中で米国の経済指数の発表がありました。

11月22日

新規失業保険申請件数 32.1万件

為替市場予想よりやや弱い数字になっています。

ドル円は一気に117円を割り込みました。

何とか116円60銭辺りで止まるのではないかと思っています。

金利の安い円などが短期筋から買われてるからです。

手放す時期も早いと思われいます。

FX為替ブログ村へ。
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(住宅着工件数など)

アメリカの経済指数の発表がありました。

11月17日

10月の住宅着工件数 153万5000件

10月の建設許可件数 148万6000件

両方の指数とも為替市場の予想より弱い数字です。

しかしドルは売られません。市場は、どうなっているのでしょうか!?

やはり明日から開催されるG20の結果待ちなのでしょうか?

ドル円は118円30銭、ユーロドルは1.2778ドルで推移しています。



米国の経済指数の発表(鉱工業生産)

今日3回目の米国経済指数の発表です。

11月16日

鉱工業生産(10月) 0.2%

設備稼働率(10月) 82.2%

為替市場とほぼ予想通りの結果になっています。

為替も殆ど動いていません。動きづらい展開なのでしょうか。

ドル円の下値は117円50銭、上値は118円50銭を

本当に狭いレンジの取引になっています。

ドル円は118円台を回復。

為替相場の方向性が、まったく掴めません。

FX為替ブログ村へ。
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(対米証券投資)

米国の経済指数の発表がありました。

11月16日

9月の対米証券投資収支 +651億ドル黒字

ダウが最高値を更新している割には、あまり上昇していませんね。

悪い数字が並びましたが、発表前と為替相場は殆ど変わりません。

底堅いドルに脱帽です。

FX為替ブログ村へ。
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(消費者物価指数など)

米国の経済指数の発表がありました。

11月16日

消費者物価指数 前年比(10月) 1.3

消費者物価指数コ指数 前月比(10月) 0.1

消費者物価指数 前月比(10月) -0.5

消費者物価指数コア指数 前年比(10月) 2.7

新規失業保険申請件数 30万8000件

消費者物価指数は、軒並み弱い数字になっています。

予想した通り、アメリカのインフレは収まりつつありますね。

この指数を受けてドルが一時売られ117円台を示現しましたが、

思ったほどドルは売られませんでした。

為替市場もアメリカの利下げを織り込みつつあるのでしょうか。

FX為替ブログ村へ。
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(NY連銀製造業景況指数)

米国の経済指数の発表が発表になりました。

11月15日

11月のニューヨーク連銀製造業景気指数 26.7

市場予想より強い数字になっています。

しかし為替市場は反応薄です。

やはりFOMC議事録の公開待ちでしょうか。

しかしドル円は底堅く118円台を回復しています。

22時30分現在、118円12銭で推移しています。

FX為替ブログ村へ。
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(生産者物価指数など)

米国の経済指数の発表がありました。

11月14日

10月の生産者物価指数 -1.6%

10月の生産者物価コア指数 -0.9%

10月の小売売上高 -0.2%

生産者物価指数が市場予想より弱い数字になっています。

また前月の小売売上高も-0.4%から-0.8%下方修正されています。

この指数を受けてドルが下落しています。底値117円34銭です。

ちょっと利下げ観測が高まりそうな数字です。

FX為替ブログ村へ。
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(貿易収支)

22時30分に米国の経済指数の発表がありました。

11月9日

9月の貿易収支 643億ドルの赤字

新規失業保険申請件数 30.8万件

どちらも市場予想より強い数字になっています。

円安が止まりませんね。しかし118円50銭からは重たいか。

ユーロ円は史上高値を更新したら、あっさりと151円台に入りました。

冴えないの私が保有しているポンド円だけです。

FX為替ブログ村へ。
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



アメリカの経済指数の発表(雇用統計など)

22時30分アメリカの経済指数の発表がありました。

11月3日

10月の雇用統計・非農業部門雇用者数 +9.2万人 

10月の失業率 4.4%

雇用統計は、市場予想より弱い数字でしたが、

失業率が予想以上に良い数字になっています。

この指数を受けてドル円は一時117円94銭を示現。

118円の攻防となっています。

FX為替ブログ応援クリックお願いします。
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(ADP全国雇用指数)

アメリカの経済指数の発表がありました。

11月1日

10月のADP全国雇用指数 +12.8万人

予想より強い数字になっています。しかしドルの上値は重く

殆ど反応薄です。やはり良い数字には反応しない

ネガティブな相場になっているようです。

22時20分現在、ドル円は117円00銭。

FX為替ブログ応援クリックお願いします。
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(個人支出など)

FX初心者の管理人です。

22時30分に米国の経済指数の発表がありました。

10月30日

9月の個人支出 0.1%

9月のPCEデフレーター(前年比) 2.0%

9月のPCEコアデフレーター(前月比) 0.2% 

9月のPCEコアデフレーター(前年比) 2.4% 

やや強い数字を受けてドルが上昇しています。

現在117円46銭で推移しています。

FX為替ブログへ
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(GDP)

米国の経済指数の発表がありました。

10月27日

第3四半期GDP・速報値 +1.6%

第3四半期GDPデフレーター・速報値 +1.8%

第3四半期個人消費・速報値 +1.7%

第3四半期コアPCE指数・速報値 +2.3%

何と!市場予想より全て弱い数字になっています。

この指数を受けてドルが下落しています。

しかし底堅いか!?

FX為替ブログへ

初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数をまとめて(耐久財受注など)

米国の経済指数の発表があっているのでまとめて掲載します。

9月の耐久財受注 +7.8% 予想より強い

9月の耐久財受注、除く輸送機器 +0.1% 予想より弱い

新規失業保険申請件数 30.7万件 予想より弱い

9月の新築住宅販売件数 107.5万件 予想より強い

為替市場は反応薄です。

FX為替ブログへ

初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ



米国の経済指数の発表(中古住宅販売件数)

米国の経済指数の発表がありました。

10月25日

9月の中古住宅販売件数(前月比) -1.9%

9月の中古住宅販売件数 618万件


どちらの指数も市場予想より弱い数字になっています。

しかし為替市場は反応薄です。普段では下落してもおかしくない

数字ですが、やはり皆さんFOMC待ちですね。

FX為替ブログへ



一時118円18銭に

23時に米国の経済指数の発表がありました。

10月19日

9月景気先行指数 +0.1%

予想より弱い数字になっています。

その直前に海外中銀系のドル売りが持ち込まれ

約2週間ぶりに一時118円18円の安値を示現。

思ったよりドル売り圧力が強くなっています。

こうなると25時に発表となるアメリカの

フィラデルフィア連銀指数の発表が気になるところ。

弱い数字が出れば一気にドルが売り込まれる可能性がある。

応援のクリックをお願いします!



米国の経済指数の発表

21時30分に米国の経済指数の発表がありました。

10月19日

10月15日週の新規失業保険申請件数 29万9000件

市場予想よりも強い数字になっています。

118円72銭とロンドン時間が開いた直後に下げたレート

より回復しています。

応援のクリックをお願いします!



米国の経済指数の発表(設備稼働率など)

またまたアメリカの経済指数の発表です。

今日はこれが最後の主な経済指数になります。

10月17日

9月の設備稼働率 81.9%

9月の鉱工業生産 -0.6%

どちらの指数も市場予想よりも弱い数字になっています。

応援のクリックをお願いします!



米国の経済指数の発表(対米証券投資)

22時にアメリカの経済指数の発表がありました。

10月17日

8月の対米証券投資 1168億ドルの流入

為替市場予想より、かなり強い数字になっています。

まぁ、これだけダウが至上最高値を更新していれば納得です。

しかし、この指数は8月時点なので、来月からの対米証券投資の指数は

もっと強いものになるのではないでしょうか。

ドルを上げようとしていますが、なかなか上がりませんね。

かなり上値が重たい様子です。

やはりポポイントとなるレートは、118円50銭でしょう。

応援のクリックをお願いします!



米国の経済指数の発表(生産者物価指数)

21時30分に米国の経済指数の発表がありました。

10月17日

9月の生産者物価指数(前月比) -1.3%

9月の生産者物価指数 コア指数(前月比) 0.9% 

9月の生産者物価指数(前年比) 1.2%

9月の生産者物価指数 コア指数(前年比) 0.9%

強弱マチマチの指数でドルは小動きの展開になっています。

しかし思ったよりコア指数が高いですね。

アメリカのインフレが収まっているとは言えない指数です。

21時44分現在、118円74銭で推移。

応援のクリックをお願いします!



米国の経済指数の発表(NY連銀製造業景気指数)

21時30分にアメリカの経済指数の発表がありました。

10月16日

9月のニューヨーク連銀製造業景気指数 22.9

為替市場予想より強い数字になっています。

しかしドルの上昇は今のところ見られず。

今日はロシア中銀の円買い思惑の円買いで119円14銭と

今日の安値をつけています。

ここに来て120円のハードルが高いようです。

ニューヨーク連銀製造業景気指数とは?

応援のクリックをお願いします!



米国の経済指数の発表(ミシガン大学消費者信頼感指数)

23時にアメリカの経済指数の発表がありました。

ミシガン大学消費者信頼感指数 92.3

市場予想より強い数字になっています。

これを受けてドル119円78銭まで上昇しています。

さすがにポジティブな指数には素直に反応する今のドル相場ですね。

応援のクリックをお願いします!



米国の経済指数の発表(小売売上高)

日本時間の21時30分にアメリカの経済指数の発表がありました。

9月の小売売上高 -0.4%

為替の市場予想より弱い数字になっています。

これを受けてドルは下落と思いきや上昇し今日の高値をつけています。

21時34分現在119円59銭で推移。

応援のクリックをお願いします!



米新規失業保険申請件数は強い

アメリカの貿易収支は699億ドルの赤字と弱い数字になったが、

毎週発表になる新規失業保険申請件数は30.8万件と

市場予想より強い数字になった。

この強弱入り混じった経済指数の発表でドルは、

行き場を失っている状態。

ニューヨーク勢が参入後、どのように動くか。

このままのレートでニューヨークがクローズすると

久しぶりに陰線で終わることになる。

ちなみにカナダの8月貿易収支は、

市場予測値どおりの+42億加ドルの黒字だった。

応援のクリックをお願いします!



米国の経済指数の発表(貿易収支)

米国の経済指数の発表がありました。

8月の貿易収支 699億ドルの赤字

市場予想より貿易収支の赤字幅は拡大しています。

この指数を受けてドルはやや弱含みですが、下値も限定的です。

応援のクリックをお願いします!



米国の経済指数の発表

23時にアメリカの経済指数の発表がありました。

10月10日

8月の卸売在庫(前月比) +1.1%

市場予想より強い数字になっています。

しかしマーケットは反応薄。

さすがにドルを買いすぎたのか!?

23時現在119円73銭で推移。

応援のクリックをお願いします!



アメリカの失業率改善

アメリカの雇用統計が12万人予想より大幅に下回る5万人と

発表でしたが失業率が4.6%と改善。

マーケットは改善した失業率に反応し118円20銭をブレーク。

結局、雇用統計の発表後よりもドルが上昇する形になっています。

しかし、118円30銭辺りから上値が重いか。

今週このまま118円でクローズすれば来週は119円を試す展開になりそうです。

とにかく118円維持がカギとなるでしょう。

またニューヨークダウ株も気になるところです。

応援のクリックをお願いします!



米国の経済指数の発表(雇用統計)

日本時間の21時30分にアメリカの経済指数の発表がありました。

10月6日

雇用統計(非農業部門雇用者数変化) 5.1万人

市場予想よりかなり悪い指数になっています。現在118円付近でもみ合いです。

応援のクリックをお願いします!



米国の経済指数発表(個人支出)

日本時間の21時30分にアメリカの経済指数が発表になりました。

8月の個人支出 +0.2%

市場の予想通りの結果です。21時30分現在、117円97銭で推移。

ついでに南アフリカの経済指数も掲載しておきます。

8月の貿易収支は-52.84億ランドの赤字で予想より悪い数字になっています。

またカナダのGDP(国内総生産)は市場予測通りの前月比+0.2%です。

本当に今週の指数は、市場予想とほぼ一致。経済指数発表直後に

大きく為替が動くことがありませんでした。

しかし米ドルがジリ高の展開に終始しました。

今週の相場展開は完敗です。

ランキングにご協力をお願いします



米国の経済指数発表(新築住宅販売件数)

日本時間の23時にアメリカの経済指数の発表がありました。

9月27日

8月の新築住宅販売件数 105万件

8月の新築住宅販売件数(前月比) 4.1%

市場予想より遥かに良い数字になっています。

この指数を受けて、ややドルが買われる展開になっています。

まだ住宅バブル健在か!?23時現在、117円60銭をタッチ。

ちょっとドルが買われるかもしれませんね。

この指数の前に8月の耐久財受注の発表もあっています。

市場予想より大きく下回る-0.5%という結果になっています。


またユーロも円に対して149円台を回復しています。

ニュージーランド・ドルは77円台を割り込んでいます。

ランキングにご協力をお願いします



米国の経済指数発表(消費者信頼感指数)

日本時間の23時にアメリカの経済指数の発表があっています。

9月26日

消費者信頼感指数(9月) 104.5

市場予想より強い数字になっています。しかし上値が重いですね。

為替レートはそれほど動いていません。

23時現在、116円57銭で推移しています。

ユーロですが、今朝私が書いたように下値を攻められ148円台を

割り込んでいます。ただ、この水準は移動平均線に守られ、下支えされています。

この移動平均線を割るようなことがあれば、147円台もありそうです。

人気blogランキングへ



米国の経済指数発表(中古住宅販売件数)

日本時間の23時00分に米国の経済指数の発表があっています。

9月25日

中古住宅販売件数(8月) 630万件

市場予想より強い数字になっています。

しかしドルの上昇は限定的。戻り売りが強い展開になっています。

21時現在、116円57銭で推移しています。

久しぶりの良いアメリカの指数ですなんですがね。

やはり、これだけでは判断しがたいのでしょうか?

ランキングにご協力をお願いします。



米国の経済指数発表(経常収支)

日本時間9月18日21時30分のアメリカの経済指数が発表になっています。

経常収支(第2四半期) 2184億ドルの赤字


市場の予想より赤字幅が拡大しています。

しかし米ドルは売られず、21時30分現在、118円10銭付近で推移しています。

ランキングにご協力をお願いします。



米国の経済指数発表(消費者物価指数)

日本時間の21時30分に米国の経済指数の発表があっています。

9月14日

8月消費者物価指数(CPI) +0.2% 予想通り

8月消費者物価コア指数 +0.2% 予想通り

この指数を受けてアメリカの利上げ観測が後退しドルが

やや売られる展開になっています。

21時30分現在、米ドル/円で117.50で推移しています。

ランキングにご協力をお願いします。



米国の経済指数発表(小売売上高)など

日本時間の21時30分に米国の経済指数の発表があっています。

9月14日

8月の小売売上高 +0.2 予想より強い数字になっています。

新規失業保険件数(9月10日の週) 30.8万件 これも予想より強い数字です。


ちなみに今日の話題をさらっていったニュージーランド・ドルですが、

対円で78円を示現しました。約3ヶ月ぶりの78円台です。

キャリートレードで買い持ちをしていた方はホッと一息でしょう。

ニュージーランド・ドルと円のチャートを見てみると、やや短期で

買われ過ぎているようです。日足で見ても78円が節目のレートと

言えそうです。78円を抜けてくると次のターゲットは80円ではないでしょうか。

役に立つ為替情報はこちらから

サイトの内容は正確性・安全性などを保証するものではありません。
投資については自己責任でお願いします。



米国の経済指数発表(財政収支)

日本時間の3時に米国の経済指数の発表があっています。

9月14日

8月の財政収支 646.1億ドル赤字

貿易収支、財政収支と双子の赤字は減りませんね。

しかし米ドルは底堅いようです。

11月からアメリカの大統領の予備選挙が始まりますから、

それまでには双子の赤字を減らすために人民元の切り上げを

中国に対して強い口調で要求するのでは??

昨日もアメリカの要人が人民元がらみの発言があったようです。

人民元ネタは大きな円高を招きますので気を付けてチェックですね。


役に立つ為替情報ありますよ



米国の経済指数発表(貿易収支)

日本時間の21時30分に米国の7月の貿易収支が発表されました。

9月12日

結果は680億4000万ドルの赤字です。予想より弱い数字になっています。

今のところ為替には大きな影響はないようです。

為替の歴史的には、アメリカの双子の赤字が注目され、為替相場にも大きな

影響を与えましたが、今は注目が薄いようです。

21時30分現在、米ドル/円で117円50銭くらいで推移しています。

役に立つ為替情報はこちらから