メルマガ登録・解除 ID: 0000175583
初心者のFX、外国為替証拠金取引
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

「初心者のFX、外国為替証拠金取引」のメルマガでは初心者にも分かり易くFX、外国為替証拠金取引を解説しています。また今後の為替予想や為替ニュースで気になったものを配信します。発行部数は2000部と人気のFXメルマガです。ぜひ購読してみてください。購読料は無料です。

プラザ合意時以来の円安、プラザ合意とは?

日銀によると、1月の実質実効為替レートは97.7と
プラザ合意のあった1985年9月の94.8以来の
円安水準だったと発表した。

実質実効為替レートとは?日銀ホームページへ

プラザ合意とは1985年に、ニューヨークの「プラザホテル」で行われたG5
(現在はG7)での為替レートに関する合意のことです。
アメリカの対日貿易赤字を解消するために行われました。

その発表の翌日にはドル円は235円から約20円下落しました。
今では考えられない為替の値動きですね。
1年後にはドル円は120円となり、当時は円高不況になると
言われていました。

しかし結果は、皆さんがご存知のようにバブル景気へと
進んで行きました。あまり知られていませんがバブル景気の背景には
プラザ合意の円高政策が大きく関わっていたのです。

日本政府は、円高不況を見通して低金利政策をとったのです。
その結果、金余りの現象が生まれたわけです。
そのお金は不動産や株式などに流れて行きました。

いわゆる「土地転がし」で地価は高騰し、
更に強くなった円でアメリカなどの不動産を買いあさったのです。

話をプラザ合意のに戻しますが、
プラザ合意後、一時80円を割る円高となり1995年4月の
実質実効為替レートは165.5になりました。

その実質実効為替レートが1月はプラザ合意以来の円安になったわけです。

外為の情報はこちら!
為替で稼ぐ情報が満載!
初心者のための(FX)外国為替証拠金取引TOPへ

トラックバック

トラックバックURL:
http://fx-style.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/493